週刊文春 電子版

細木数子がズバリ溺れた「男とカネ」 年収24億も寂しき晩年

《40歳上総理指南役との“後妻業”トラブル》《朝青龍を心酔させた「ズバリ言うわよ!」“八百長鑑定”》《本当に愛した男は「ヤクザ親分」と魔裟斗だった》《島倉千代子12億円借金を10億値引きのコワモテ交渉術》

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能 テレビ・ラジオ ライフスタイル

「あんた、地獄に落ちるわよ!」。歯に衣着せぬ毒舌を売りに、視聴率女王の座に就いた占術家がこの世を去った。著書は1億部を突破し、莫大な財と名誉を得ながらなお、男とカネを追い求めた怪女。その数奇な人生を辿る。

 関西の“テレビ女王”上沼恵美子が、完成間もない京都の細木数子邸に招かれたのは約20年前のこと。

 玄関のバカラの傘入れに驚くと「1000万」。玄関の赤松の一枚板に驚くと「500万」。細木からはすぐに値段が返ってくるのだった。

 上沼が振り返る。

「いやらしい、でも大阪的には値段で言うてもらうのが一番わかりやすい(笑)。そりゃもう凄いお家でしたよ。大きな仏壇の前にはマスクメロンがみかんみたいに山盛りになっていて、ゴロゴロゴローンてこっちに崩れて転がってくるんです。それだけ聞いたらイヤミやなと思うかもしれませんけど、あの方にだけ許される世界でしたね。だから先生もしんどかったんじゃないかと思います。そのイメージでずっといかれたので」

 11月8日、占術家の細木数子が呼吸不全で、東京・神楽坂の自宅で亡くなった。享年83。

テレビ出演料は1本400万円と公言

 毎年発行される六星占術の本は大ベストセラーに。60代半ばから民放の冠番組を持つや、タレントたちを「鑑定」の名のもと、厳しく公開説教。その歯切れの良さで、瞬く間に視聴率女王となった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる