週刊文春 電子版

夫が告発する GACKT “翔んで人妻不倫”  病気療養で撮影中断の最中に…

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 映画

「今後、彼が療養を終えてテレビに復帰することを想像すると、本当にやりきれない。彼は“罪”を潔く認め、謝罪をすべきです」

 中部地方に住む会社経営者のA氏が怒りの矛先を向けるのは、ミュージシャン・GACKT(48)だ。

インスタグラムのフォロワー数は約120万人

 GACKTが活動休止の発表を行ったのは、今年9月8日のこと。スポーツ紙記者が経緯を解説する。

「8月6日、GACKTはキプロス島から仕事のため帰国した際、容態が急変。持病である神経系疾患がきっかけとなり、重度の発声障害を併発したといいます。体調不良は3週間ほど続き、体重は10キロ減。かねてよりGACKTは『コロナは風邪』と主張していたため『帰国後にコロナに感染したが、さすがに言い出せなかったのではないか』という話も囁かれました」

 当時、GACKTは主演映画「翔んで埼玉」の続編の撮影を控えていたが、一時中断。再開の目処は立っておらず、22年公開予定に向けて制作サイドは焦りを募らせている。GACKTの身に、いま何が起こっているのか――。

二階堂ふみとW主演の「翔んで埼玉」

 冒頭のA氏が妻・B子さん(35)とGACKTの出会いについて語る。

「もともと妻は彼のファンでしたが、昨年7月4日、彼の誕生日にインスタグラムを通じてメッセージを送ったところ、本人から返事があったというのです。その画面を嬉しそうにスクショして、それを私に見せてきたこともある。ところが、2人はそれがきっかけとなり、私に内緒でやりとりを続けるようになったのです」

 スタイル抜群でGACKTが以前交際していた釈由美子似の美女のB子さんは、インスタグラムに新婚旅行や夫婦水入らずの会食の写真を多数アップ。「旦那さんありがとう」と頻繁に投稿しており、一目で既婚者とわかる内容になっている。

 2人が初めて密会したのは、今年7月14日のこと。夜11時頃、GACKTはB子さんを名古屋市の栄のカフェ「F」に来るよう呼び出したのだ。店に到着する直前、GACKTは彼女に対し、こう伝えたという。

「お前、他の人もいるんだから浮かれるなよ」

 B子さんを待っていたのは、GACKT本人、彼の地元名古屋の知人や付き人ら計4~5人だった。

「その店の運営会社『N』は、10年以上もGACKTのイベント運営や物販などを担当。同社の代表とGACKTは公私ともに親しく、彼はスポンサーというべき存在です」(同店関係者)

「やっぱり雲の上のひと」

 夜も更けた頃、GACKTとB子さんは付き人が運転する車で「名古屋マリオットアソシアホテル」に向かうと、上階に用意された部屋で身体を重ねた。

「その日、私は友人との会食後、東京に出張になったため、夜9時過ぎに新幹線に乗りました。妻と連絡を取ることはなく、怪しむこともなかった。ところが後日、ある出来事がきっかけになり、疑念を抱くようになったのです」(A氏)

 2人の乱倫な関係が露見したのは密会から約2カ月後、9月下旬のことだった。

「私と妻は9月19日から4泊の予定で旅行に行ったのですが、翌20日の朝6時半頃に妻の体調が急変したのです。『喉のあたりが凄く熱い。胃が痛い』とのたうち回り、救急車で運ばれてしまった。血液検査やMRIなどの精密検査を受けましたが、結局原因がわかりませんでした」(同前)

 そこでA氏はふと、不自然な妻の行動を思い出した。

「実は、妻は旅行の前々日(9月17日)、『東京の友達の家に1泊してくる』と言い、家を出ていきました。すると、その日の夜11時頃から翌18日の昼過ぎまで、妻が持っている2台の携帯がずっと圏外で、連絡が取れなかったのです。その間に変なものを飲まされるなど、何かトラブルがあったのではないかと不安になった私は、その“友達”に連絡を取ろうと妻の携帯を覗いたのです」(同前)

 だが、そこには驚くべき事実が記されていた。その日、B子さんは実姉に対し、LINEでGACKTの自宅に滞在していることを“実況中継”していたのだ。

「おうち向かってます」(17日19時23分)

「あいかわらず無口だよ」(同日22時52分)

 それから23時間後の翌18日21時33分には「あーなんか、、、なんとも言えない不思議な気持ち」と感想を漏らし、「なんか色々凄すぎて、近くにいたのに遠い」「やっぱり雲の上のひと」と心情を吐露していた。

 折しも活動休止の発表から9日後。病に伏しているはずのGACKTは、B子さんと自宅でどのように過ごしたのか。

「後日、妻に証拠を突きつけたところ、自宅に泊まったことを正直に認めました。その日、お酒は飲まず『秘書の女性が作った食事を一緒にとった』と。GACKTは昼2時頃まで寝たり起きたりを繰り返しており、寝付けなかった妻は地下2階の写真をこっそり撮影したといいます」(A氏)

 まるで高級ブティックのような室内を写した5枚の写真。B子さんの携帯に残されていたのは、彼女がGACKTの自宅内を撮影したものだった。

「GACKTの家は地下2階、地上4階の白亜の豪邸。1~4階は事務所やスタッフ、親族の居住エリアで、地下1階はキッチンやレコーディングスタジオ。この写真にあるフィッティングルームや滝の流れる風呂は、すべて地下2階にあります。いわば彼のプライベートフロアです」(元側近)

GACKT邸の内部(B子さん撮影)
衣裳部屋には真っ赤なソファが
滝が流れる豪華風呂

 地下2階は携帯の電波が届かなかったため、B子さんは上階に上がろうとしたが、セキュリティ番号がわからず断念したという。結局、彼女がGACKTの自宅から解放されたのは、18日夕刻だった。

 A氏が言葉を続ける。

「妻は彼の家には行ったものの、その日は肉体関係を結んでいないと話す一方、『マリオットホテルに泊まった日には肉体関係を持った』と白状しています」

 こうしたGACKTの素行について「彼は何も変わっていない」と吐き捨てるのは、元マネージャーだ。

「10年以上前から彼はSNSでファンの子を引っ掛けては自宅に呼ぶという行為を続けてきました。コロナ禍の最近はインスタで女性を物色。グーグルマップにファンの子たちの住所を入力し、『ほら、こんなにピンが立ってる。どこにでもファンがいる』と悦に入っていたこともある。女の子と連絡を取るときはLINEではなく、必ずテレグラムを使っています」

 チャットツールであるテレグラムの特徴は、秘密のやり取りができること。設定すれば一定時間でメッセージが消えるため、証拠隠滅ができるのだ。

 B子さんとGACKTが連絡を取っていたテレグラムに記載された携帯番号に連絡すると、GACKTらしき声の留守電メッセージが流れた。所属事務所に事実関係について問うも「担当者が不在」として締め切りまでに回答がなかった。

 10月18日、B子さんは次のような文面をGACKTに送信している。

「今回のことが夫にバレて、携帯も押さえられ、証拠をとられてしまいました。もう会うことはできません」

 だが、GACKTから返信が来ることはなかった。

 A氏が憤りを隠さず言う。

「妻と性的関係を持った彼を許すことはできません。彼が壊した普通の夫婦生活を取り戻す為に、私達がどれだけ苦悩しているか理解すべきです。辛い思いをする人をこれ以上増やさない為にも、法的手段をとることも辞さない覚悟です」

 情事の代償は大きかった。今後、“荒療治”の舞台は法廷に移される。

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる