週刊文春 電子版

夫が告発する GACKT “翔んで人妻不倫”  病気療養で撮影中断の最中に…

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 映画

「今後、彼が療養を終えてテレビに復帰することを想像すると、本当にやりきれない。彼は“罪”を潔く認め、謝罪をすべきです」

 中部地方に住む会社経営者のA氏が怒りの矛先を向けるのは、ミュージシャン・GACKT(48)だ。

インスタグラムのフォロワー数は約120万人

 GACKTが活動休止の発表を行ったのは、今年9月8日のこと。スポーツ紙記者が経緯を解説する。

「8月6日、GACKTはキプロス島から仕事のため帰国した際、容態が急変。持病である神経系疾患がきっかけとなり、重度の発声障害を併発したといいます。体調不良は3週間ほど続き、体重は10キロ減。かねてよりGACKTは『コロナは風邪』と主張していたため『帰国後にコロナに感染したが、さすがに言い出せなかったのではないか』という話も囁かれました」

 当時、GACKTは主演映画「翔んで埼玉」の続編の撮影を控えていたが、一時中断。再開の目処は立っておらず、22年公開予定に向けて制作サイドは焦りを募らせている。GACKTの身に、いま何が起こっているのか――。

二階堂ふみとW主演の「翔んで埼玉」

 冒頭のA氏が妻・B子さん(35)とGACKTの出会いについて語る。

「もともと妻は彼のファンでしたが、昨年7月4日、彼の誕生日にインスタグラムを通じてメッセージを送ったところ、本人から返事があったというのです。その画面を嬉しそうにスクショして、それを私に見せてきたこともある。ところが、2人はそれがきっかけとなり、私に内緒でやりとりを続けるようになったのです」

 スタイル抜群でGACKTが以前交際していた釈由美子似の美女のB子さんは、インスタグラムに新婚旅行や夫婦水入らずの会食の写真を多数アップ。「旦那さんありがとう」と頻繁に投稿しており、一目で既婚者とわかる内容になっている。

 2人が初めて密会したのは、今年7月14日のこと。夜11時頃、GACKTはB子さんを名古屋市の栄のカフェ「F」に来るよう呼び出したのだ。店に到着する直前、GACKTは彼女に対し、こう伝えたという。

「お前、他の人もいるんだから浮かれるなよ」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる