週刊文春 電子版

小室さん眞子さんに女性皇族の嘆き「あとの人が困る」【日本脱出全真相】

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 皇室 ライフスタイル

 NYで遂に始まった、小室さん夫妻の新婚生活。だが、一時金も受け取らなかった「皇室としては類例を見ない結婚」(秋篠宮)は、多くの波紋を呼び、眞子さんと同世代の女性皇族からは、次々と嘆きや困惑の声が漏れている。

 11月14日、約12時間のフライトを終え、ついにNYに降り立った小室圭さん(30)と眞子さん(30)。新婚夫婦が向かった先は、マンハッタン西部の「ヘルズ・キッチン」地区だった。セントラルパークやタイムズスクエアにも程近いエリアだ。現地を取材した英デイリー・メール紙の関係者が語る。

結婚会見で見つめ合う小室さん夫妻

「2人はヘルズ・キッチンの一画にあるマンションに荷物を運びこんでいました。おそらくここが2人の新居なのでしょう」

 マンションの公式サイトを見ると、最新のエアロバイクを備え付けたフィットネスセンター、ビリヤード台やゴルフシミュレーターのあるスポーツラウンジ、老舗書店が監修する図書室やデイスパまで併設。一番安いワンベッドルームでも約11.5畳のリビングに約8畳のベッドルームという間取りで、家賃は月額約55万円となっていた。

「このマンションは小室さんの母校であるフォーダム大学やコロンビア大学からのアクセスが良好で、近年の入居者は富裕層の中国人留学生が多かった。ただ、付近の物件と比べれば、決して高級マンションの部類には入りません。入り口にドアマンはおらず、ロビーに常駐のコンシェルジュが兼務しています」(地元不動産関係者)

 だが、この不動産関係者はこう驚く。

「ヘルズ・キッチンはいまでこそ立地の良さから高級エリアになりましたが、1990年代半ばまでは、治安が悪く、ドラッグや売春が横行していた地域です。いまでも夜は賑やかで、近くにはストリップ劇場もある。眞子さんは夜道を1人で出歩かないほうが良いでしょう」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる