週刊文春 電子版

頭痛、誤嚥性 肺炎、顔のたるみ 「マスク病」はこんなに怖い

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

 コロナの新規感染者数が急減しているとはいえ、マスクを着用する日常に変わりはない。

 一方で、長期間に及ぶマスク生活により、不調を訴える人が後を絶たないという。いわば“マスク病”だが、これは決して侮るべきではない。必需品のマスクに潜むリスクとは――。

 

 最近増えていると指摘されるのが「マスク頭痛」だ。医療ジャーナリストの森田豊医師が解説する。

「マスクの長時間使用によって、緊張型の頭痛に悩む人が増えています」

 マスクは耳かけのゴムによって両方の耳に固定される。そんなに強い負担には感じられなくても、時間が経つにつれ徐々にこめかみの筋肉が圧迫され、あごなどの筋肉に負荷がかかっていくのだ。

「最終的には、首の左右にあり、頭から鎖骨にかけて縦に走る胸鎖乳突筋が疲労します。すると、頭のまわりや首の後ろ、背中にかけての筋肉が緊張するため、頭痛を引き起こすと考えられます」(同前)

 頭全体がじわりと締め付けられるような痛みが、ダラダラと続くのが症状の特徴だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる