週刊文春 電子版

眞子さん、小室さん「無自覚の壁」|養老孟司

小室さん、眞子さん「私はこう考える」拡大版

養老 孟司
ニュース 皇室 ライフスタイル

 2003年に出版した『バカの壁』は今も売れ続け、先ごろ450万部を突破。12月に「壁」シリーズ最新作を刊行予定の解剖学者・養老孟司氏(84)。氏が“小室狂騒曲”から感じ取ったものは――。

 小室圭さんと眞子さんの結婚について、僕はこれまで、ほとんど関心を持ちませんでした。人さまの家の事情に他人が干渉するもんじゃないし、ましてや、一般庶民が皇室のことに口出しをすべきではない、という感覚です。僕が子供の頃、天皇陛下は神様でしたからね。

 2人のことが盛んに報道されていたのは知っていますが、「よくここまで続くものだなあ」と、呆れていたくらいです。そんな環境が嫌でアメリカに渡ったのでしょうけれども。

会見の19日後、2人は米国へ旅立った

 ひとつ素朴な心配事として思うのは、新生活のセキュリティ面です。皇籍を離れても、将来の天皇の姉である眞子さんは、決して一般の人ではありません。

 海外では何が起きてもおかしくない。誘拐されたり、犯罪に巻き込まれたりするリスクから、どうやって身を守るのか。警備をつけるなら、その費用は誰が負担するのか。

 自分たちの力で生きていくといっても、何かが起きた時、誰かが責を背負わなければいけない。ご当人たちにその自覚がどこまであるのか、気になりますね。無自覚だからこそ大胆な選択ができたのかもしれませんが……。

 これは2人の問題というより、現代に定着した「個人の尊重」という考え方が、皇室の実情と合わなくなってきたと考えるしかありません。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる