週刊文春 電子版

竹野内豊との別れから3年 倉科カナ“あざとい女”開眼

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 坂口健太郎(30)、清野菜名(27)が“偽装夫婦”を演じる「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)で、倉科カナ(33)の「あざとい女」ぶりに磨きが掛かってきた。

「坂口演じる柊が長年思いを寄せ、今は兄嫁になった元同級生役が倉科。柊の気持ちを知ってか知らずか、接近してじっと見つめるなど、あざとさ全開。女性視聴者が“嫌な女”とイライラを募らせるのは織り込み済みで、倉科のキャラがハマった証」(放送記者)

 倉科は熊本の高校在学時の2005年にオーディションで優勝。翌年、卒業とともに上京し「ミスマガジン」グランプリを獲得。上から“89-59-87”というプロポーションを活かし、グラビアで活動を始めた。

妹も「橘のぞみ」の名で女優活動をしている

 飛躍は09年。1700人余のライバルを押しのけ、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」のヒロインに選ばれたのだ。

「5度目のオーディション挑戦で悲願達成。『土曜スタジオパーク』のレギュラーを務めるなどNHKへの貢献があったことも功を奏した」(テレビ誌記者)

 だが、朝ドラで一気にブレイクとはいかなかった。

「地方の出版社が舞台という地味な設定もあってか、視聴率は低迷。平均13・5%は今も歴代の朝ドラワースト」(同前)

 深夜枠の連ドラ主演に留まる一方、恋愛スキャンダルではヒロインを演じた。よゐこ・濱口優(49)との熱愛も報じられたが、なんといっても竹野内豊(50)との5年愛。

「12年のドラマ共演がきっかけで交際に発展。結婚間近と囁かれたが18年に破局。倉科は結婚を望むも、最後は竹野内が17歳という年齢差で躊躇ったといわれる」(芸能デスク)

 翌年「心が折れそうになったり、、、」などとブログに記し、別れが尾を引いていることを窺わせた倉科。

「昔から私生活の好不調が仕事に現れるタイプ。それが現場に影響することもあった」(同前)

 だが、今年“はまり役”に出会う。1月期の連ドラ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」で演じた、上白石萌音演じるヒロインが玉森裕太とうまく行きかけているところに現れる玉森の“元カノ”。2人の間に割り込むあざとさで、視聴者の反感をきっちり集めた。

「『婚姻届~』で、そのキャラが更に板についた感がある。“女が嫌う女”はやりたがらない女優が多いだけに、倉科がこの路線でいけば“第一人者”になれる。一方、9月に女性誌『anan』で手ブラ姿で表紙を飾るなど“女が憧れる女”路線へのアピールも怠らない」(ドラマ制作関係者)

 需要が増えるカナ?

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる