週刊文春 電子版

【総力取材】愛知中3刺殺 SF好き14歳がキレた「生徒会と修学旅行」

《祖父告白「とにかく本好き。ハリー・ポッターを…」》《4世代同居 公務員一家 父は団体職員、母はパート》《10日前 修学旅行後に包丁をネットで…周到な計画》《同級生が明かす少年の趣味と「応援演説の現場」》《市そろばん大会優勝、小6卒業文集に「将来は海外で」》

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

 11月24日朝、一学年50名ほどの小さな中学校が悲鳴に包まれた。SFや読書が大好きだった少年はなぜ、保育園からの幼馴染を刃物で突き刺したのか。同級生や親族、捜査関係者への総力取材で見えてきたのは――。

 11月14日午前。2台の観光バスが重厚なエンジン音を響かせ、愛知県弥富市立十四山中学校前を出発した。新型コロナの影響による二度の延期を経て、ようやく実現した3年生の修学旅行。2クラス47人の生徒と引率教員を乗せた2台のバスは、2泊3日の日程で、北陸の金沢・福井方面を目指した。

 初日は琵琶湖に臨む彦根城を見学。昼食後、金沢に移動し、金箔貼りを体験した。充実した1日目の行程を終え、一行は石川県内のホテルで1泊目を迎える。

 同校3年生・A(14)の部屋を、クラス担任と学年主任の教員2人が抜き打ちで訪問したのは、その初日夜のことだった。

「携帯電話を持って来ているよね」

 担任らはこの日午前、他の生徒から、Aが旅行に持ち込みを禁じていたスマホを持参していると聞き、確認に訪れたのだ。

「持って来ていません」

 担任らが何度尋ねても、Aは首肯しようとしない。

「その言葉を信じたいから鞄の中を見せてくれる?」

 Aが観念したように従うと、直前まで触っていたのだろうか、鞄の内側に光るスマホ画面が見えた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月09日

文春リークス
閉じる