週刊文春 電子版

筋書きのない漫才コンテスト

「笑い神 M-1、その純情と狂気」第5回——衰退した漫才再興のため“生死”を賭けた格闘技的番組が動き出した。

中村 計

連載

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「賞金をな、1000万にするんや」

 芸人であり、かつ天才プロデューサーでもあった島田紳助の口から、その案が漏れたとき、日本最大の漫才コンテスト、「M-1」プロジェクトのエンジンに火が入った。

写真 時事通信社

 2001年春、吉本興業の社員だった谷良一は、極めて困難なミッションを背負わされていた。

 漫才をなんとかせよ――。

 たった2人の新部署「MANZAIプロジェクト」に異動となった谷は、そこのリーダーだった。

 昭和8年、吉本興業は平安時代にルーツを持つ音曲芸能「万歳」に「漫才」という字を当て、伝統文化の換骨奪胎をはかった。衣装を和服から洋服に変え、鼓などの楽器に頼らず、「しゃべくり」だけで客を楽しませる。必要なのは、マイク一本のみ。その手軽さも相まって、以来、寄席(365日営業の大衆演芸の劇場)を柱とする吉本にとって、漫才は「主力商品」となった。

 漫才は、ほんの一瞬だけ、エンターテインメント業界のトップにたったことがある。1980年にフジテレビで始まった『THE MANZAI』が火付け役となり、「漫才ブーム」が巻き起こったのだ。そこから生まれたのが、島田紳助・松本竜介の紳助であり、ツービートのビートたけしらだ。しかし、82年に同番組が終了すると、漫才は一気に下火となる。90年代に入ると、漫才番組は本場・関西ですら数えるほどになり、関東ではほぼ絶滅状態だった。必然、劇場への客足も鈍り始める。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月9日号

文春リークス
閉じる