週刊文春 電子版

今年もよろしく|林真理子

夜ふけのなわとび 第1729回

林 真理子

連載

ライフ ライフスタイル

 1年たつのが、早くなるばかりである。

 すごい勢いで加速していく……というのをしみじみと感じるのは、正月の箸置きを出す時だ。

 そう探すことなく、ダイニングテーブルのひき出しから、可愛い虎の箸置きが出てくる。そこに祝い箸をのせながら、

「まるで5年前かそこらだったような……」

 しかし私はいい年なのであるが、干支がまるでわからない。大人の多くは、

「卯(うー)、辰(たつ)、巳(みー)、午(うま)」

 と空で唱えることが出来るのに、私は全く知らないのだ。いったいいつ、みんなそういうことを憶えるのであろう。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる