週刊文春 電子版

森友遺族が悲嘆するドラマ「新聞記者」の悪質改ざん【告発レポート】 小泉今日子は出演辞退 

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

 米倉涼子主演でネットフリックスが配信したドラマ。公文書改ざんを命じられた官僚が自殺した事件を描く。森友事件の遺族・赤木雅子さんにドラマ化を持ちかけたのは東京新聞の望月衣塑子記者。写真も借りていった。しかし、制作陣は「全部フィクション」と言い始め、望月氏も連絡を絶ち——。

 1月13日、ネットフリックスで、ドラマ「新聞記者」(全6話)の世界同時配信が始まった。ネットフリックス(本社・米カリフォルニア州)の視聴者数は全世界で2億人超。日本国内でも有料会員数は500万人を超える。2020年の売上高は2兆5000億円を超え、今や映像制作・動画配信業界の“1強”となっている。

女性記者役の米倉涼子

 ドラマ版の基となった映画「新聞記者」(2019年公開)は、東京新聞・望月衣塑子記者の同名著書が原作。今回のドラマ版も、タイトルも、監督も同一だ。官房長官を会見で質問攻めにするなど、明らかに望月記者を髣髴(ほうふつ)とさせる女性記者役を米倉涼子が、公文書改ざんを強いられた末に自死する財務局職員役を吉岡秀隆が、悲嘆に暮れる妻役を寺島しのぶが熱演している。配信直後から大きな反響を呼び、ネットフリックスの国内視聴ランキング1位となる人気ぶりだ。

自殺する財務局職員の妻役の寺島しのぶ

 だが、このドラマが制作過程で迷走を重ね、当事者を傷つけていたことはまったく知られていない――。

 公文書改ざん事件の取材を続けてきたフリー記者の相澤冬樹氏は、ドラマ制作の準備段階でプロデューサーと何度か面会してきた。同氏の証言を軸に、他のドラマ制作関係者にも取材を重ねた結果、浮かび上がったのは以下のような経緯だった。

 2020年3月18日、この日発売された「週刊文春」で、赤木雅子さんから夫・赤木俊夫さんの遺書を託された相澤氏による記事が出た。「『すべて佐川局長の指示です』 森友自殺財務省職員遺書全文公開」と題した全15ページの特集。初めて真相の一端が当事者の遺書によって明かされ、反響を呼んだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月3日号

文春リークス
閉じる