週刊文春 電子版

小林旭、告白90分 “恩人”との2億円紛争と妻のいない2年

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 昨年、給料の支払いを止められ、新曲制作も中断。本人に取材を申し込むと、「俺は不器用にしか生きられない。聞かれたことには答えるよ」

小林

 開創300年を超す世田谷区の古刹では、毎夕定刻になると境内に低い鐘の音が響き渡る。小林旭(83)の自宅は、その寺の所有地に立つ地上3階地下1階の大豪邸だ。

「鐘の音はもう慣れっこだから気にも留めなくなったけど、風情があるよね。最近じゃお寺の方も住民に気遣って音を小さくしているから、除夜の鐘もかすかに聞こえるくらいだ。コロナの今は毎日、ゴルフ中継を見たり、ゴロゴロしながら気ままに過ごしているよ」

 20畳はあろうかという広いリビングで記者と向きあった小林は、抱きかかえた黒猫を愛でながら鷹揚に語り始めた。だが、この豪奢な邸宅には2億円余りの抵当権が仮登記されており、“恩人”との間で、双方が弁護士を立てる紛争に発展している――。

 昨年、芸能生活65周年を迎えた小林は、日活の黄金期にマイトガイの異名を取り、タフガイ・石原裕次郎と人気を二分した、最後の銀幕スター。歌手としても数多のヒット曲を擁し、毎年のように全国各地でワンマンコンサートを行なってきた。

若かりし頃の小林

 一昨年11月に82歳の誕生日を迎えた際には、約2年で全国100箇所を巡るソロツアー計画をぶちあげている。実現すれば史上最高齢記録になるはずだったが、コロナ禍で延期を余儀なくされ、いまだ開催の目処は立っていない。さらに、追い打ちをかけるように勃発したのが所属事務所との金銭トラブルだった。事情を知る音楽関係者が明かす。

「10年近く前から旭さんのコンサートやイベントを手掛けてきた芸能事務所の夢グループが、昨年秋ごろに旭さんと衝突し、公式HPから旭さんに関する多くの記事やリンクを削除してしまったのです。この2月にリリースされる予定だった新曲の制作も、音入れを終えた段階で中断されたまま、毎月数百万円単位で支払われていた給料もストップしている。現在も両者の軋轢は解消されず、弁護士同士で話し合いを続けています」

 一体何があったのか。

 2012年頃から小林が所属する夢グループは、通販事業で急成長を遂げた新興芸能事務所。名物社長の石田重廣氏が自ら出演し、福島弁で低価格の商品をアピールする奇抜なCMでも注目を集めた。

「石田社長は根っからのミーハーで大のカラオケ好き。シルク製品のモデルに錦野旦や松方弘樹を起用したことから芸能界と接点を持ち、一時は狩人や橋幸夫、黒沢年雄などが所属。仕事がない時でも高額な月給が支払われていました」(同前)

石田社長

 往年のスターが総出演する同社主催の「夢コンサート」には中高年のファンが押し寄せ、会社の知名度が上がると共に通販の業績も右肩上がり。中でも「昔の名前で出ています」「熱き心に」などの人気曲を持つ小林のコンサートは集客力が高く、同社に大きく貢献してきた。だが、コロナ禍で地方の公民館などに高齢者を集めるビジネスモデルが崩壊し、昨秋頃には小林以外のタレントも給料制の廃止を通達されたという。そこで、トラブルの真相を聞くべく小林本人に取材を申し込んだのだった。

「俺は不器用にしか生きられない。聞かれたことには答えるし、間違ってることは違うとはっきり言うよ。

 何しろこのコロナ騒ぎで、寒風ふきすさぶ世の中だ。土台を固めてちゃんと仕事をしていかなければならないが、何もしないでも、(個人事務所の)所帯を持って人を使うだけで毎月四、五百万からの金がかかる。そんな生活を続けるのも大変だという中で出てきたのが、この(長年住んできた)家を解体して共同住宅を建てて、その上がりで食っていこうというアイディアだったのさ」

 そこで問題になったのが、12年に夢グループが仮登記した2億1300円の抵当権だった。小林は、石田社長と初めて会った頃に交わしたこんな言葉を覚えているという。

「仕事をやる以上は、男同士、腹を割って『お互い死ぬまで一緒にやろう』とはっきり言った。社長も『わかりました』って受け止めてくれたし、俺は今でもそう思ってる。そもそも、2億という金は、さるところに俺が借金をしていたのを社長が『支度金として肩代わりします』と言って払ってくれたもの。(自宅にその分の)抵当をつけてくれと言ったのは俺の方なんだ」

「僕には僕の生活がある」

 そんな恩人との間で、なぜ話がここまでこじれてしまったのか。小林は3カ月ほど前に、「申し訳ないけど抵当権を外してもらえないか」と切り出したという。

「その前に、俺が言ってはいけないことを口走ってしまったんだね。なりゆき上の軽口でしかないんだが、『そろそろあの支度金も時効になるね、社長』と。そうならないよういったん抵当をはずして、共同住宅を建てる計画に協力してくれという意味だったんだが、『冗談じゃない』と石田氏の態度が急に変わってしまった」

 小林にしてみれば、今まで10年近く事務所に貢献したし“支度金”の分は働いた、ということかもしれないが、支度金はあくまで“貸付”と考える石田氏側には飲めない相談だった。

「今までそんなこと一度も言ったことのない人が『僕には僕の生活がある』とものすごい剣幕だった。それから他人行儀になって、給料が10月からピタッと止まり、新曲の制作も滞ってしまった。社長の厚意には今も感謝しているし、お互いによくなる方向に努力していきたいという気持ちはあるよ。ただ抵当の件と仕事の話は別だから、仕事のことはきっちり考えてほしい。俺は嘘偽りないし、本当のことしか言ってないから」

 淀みなくそう説明した小林は、これまで明かしたことのない過去の騒動についても赤裸々に語った。

 芸能界最後の大物として畏怖される小林は、その奔放な言動が災いし、数々の舌禍騒動を起こしてきた。17年10月に生出演した昼の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)では、アメリカの銃乱射事件についてコメントを求められ「無抵抗の人間だけを狙ってああいうことする人間っていうのは、バカかキチガイしかいない」と容疑者を激しく非難。不適切な発言があったとして局アナが謝罪する事態に追い込まれた。

「俺はぶきっちょだから、言葉を飾るとかできないのさ。自分の考えを述べただけで、放送禁止用語で不適当だなんて、馬鹿げたことだよ。そんなことばかり言って、昔からあった言葉をどんどん消していってしまう日本人ってどうなんだと言いたいね。馬鹿はどこまでいっても馬鹿じゃねえか。その辺がテレビのおかしいところで、大衆におもねったやり方をするからめちゃくちゃになるんだ」

 14年には、女優の東てる美から小林の演技指導は「イジメ」と告発されたこともあった。

「東の降板問題もそう。マスコミは俺が痴呆症みたいにカッとなって勝手に舞台から降ろしたみたいに報じたけど、俺は座長であり、演出を手がける舞台監督として1カ月の公演を責任もってやっていかなければならない立場だった。いいお芝居をしてもらうために、なんべん言っても通じなければ『馬鹿野郎、この野郎』ってなるのは当然のこと。そういう過程を知らずに、ヒステリーだなんだと言っておもしろおかしく取り上げるんだから呆れるよ」

 もっとも、数々の言動が問題視されて以降、歌番組以外で小林がテレビに出る機会は減っている。

「呼ばれないってことはないけど、別にこっちもわざわざ出たいと思わないしさ(笑)。コロナ騒ぎだって、専門家がああだこうだいって責任のなすりつけあいばかりしてるけど、本当の解決策は何も出てこないじゃない。大騒ぎして、家でじっとしてなさいって命令されて、気がつけば高齢者がバタバタと死んでいく。これが世の流れなら、行き着くところまで行くしかない。滅びの笛ですよ」

最後の言葉は「また明日ね」

 同時代を共にした俳優仲間や後輩の多くは、すでに鬼籍に入った。

「時代の変わり目がそうさせてるんだろうね。文ちゃん(菅原文太)も辰ちゃん(梅宮辰夫)も、山城新伍も、(高倉)健さんも……みんな散ってしまった。切ないよね。(宍戸)錠さんとは、亡くなるひと月くらい前まで元気そうに話してたから、思わず『えっ』て声をあげちゃったよ。同じ頃にこっちは女房が死にそうになって大変だったから、後から聞いて本当に驚いた」

 美空ひばりとの離婚から3年後に再婚した妻は「潮騒」など数々の名作に出演した元女優の青山京子。小林の3つ年上で67年の結婚を機にきっぱり芸能界を引退。がんを患い20年1月に84歳で亡くなった。

青山京子との結婚式(1967年)

「前の年までは、しっかりしてたんだけどね。ただ、仕事から帰ると目の下に隈作ったりしてて、おかしいとは思ってたんだよ。そのときに脳腫瘍ができて、それが肺に転移してしまったんだろう。手術は嫌だと言って、脳腫瘍を切除したときも『すいませんこんなになっちゃって……』って、俺に謝っても仕方ないのに。亡くなる前日も、病院でああでもない、こうでもないと他愛のない会話をした。『また明日ね』って挨拶したのが最後の言葉だった」

 小林はいま、妻のいない広い自宅で13匹の猫と暮らしている。

「やっぱり不便だよね。彼女がいたときは黙っててもやることやってくれたし、うちのことは全部任せてたから。猫は娘と女房が好きで飼ってたんだけど、困ったことに、家の前に捨てていく人がいっぱいいて、目の開いていない子猫が袋に入って玄関にぶらさがってるんだ。ビービー泣くから、ほっとくわけにもいかず、ミルクをあげたりして、気付いたらどんどん増えちゃった。この子は真っ黒だからマックっていうんだけど、喧嘩っ早いからこの部屋に“隔離”してる。かわいくてしょうがないよね」

 今年、7回目の年男を迎えた小林が、目下、取り組んでいるのは新曲の制作と一昨年に開設したYouTubeの番組だ。

「幸いにも体力はあるから、あと5、6年は平気でやれるんじゃないかと思ってる。実は俺、18年に(孫正義氏の)サイバー大学を卒業してるんだよ。何しろ今の若者はスマホ一辺倒で、高齢者でさえ買い物するのにPCの操作を強要される時代だ。芸能もこっちから発信していかないと受け止められない状況だから、近況報告ができればと思ってYouTubeを始めてみたんだ。コンサートにお客さんを呼べない今、YouTubeでショーをやる形が取れないかとか、いろいろ試行錯誤してる。新曲のタイトルは『人生』と『追憶』。石田氏がやろうと言ってくれれば、2月、3月には始められるんじゃないかな」

 石田社長に見解を尋ねると、こう答えるのみだった。

「一企業家として小林旭さんの件で今の段階ではあれは違う、これは違うというタイミングではありません」

 数々の修羅場をくぐり抜けてきたマイトガイの人生に訪れた新たなトラブルは、どんな結末を迎えるのか。

source : 週刊文春 2022年2月3日号

文春リークス
閉じる