週刊文春 電子版

自民党「イケメン青年局長」超速離婚トラブル(2回目)と公選法違反疑惑

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 「また、先生が奥さんに逃げられたらしい」

 地元でこう囁かれている「先生」とは、自民党の小倉将信衆院議員(40)だ。

 小倉氏は華麗な経歴を誇る。神奈川の名門、栄光学園から東大法学部を経て日銀に就職。自民党が政権復帰した2012年の選挙に初出馬して当選すると、以後連続4回当選。昨年10月、岸田文雄新総裁のもとで、自民党の「総理への登竜門」とされる青年局長に抜擢された。

小倉将信議員

「青年局長には竹下登、宇野宗佑、海部俊樹、麻生太郎、安倍晋三、岸田文雄と歴代総理が就いてきた。17年に総務大臣政務官を務め、その後は党金融調査会の事務局長として重宝されるなど政策通で期待の若手議員です」(政治部記者)

 最初にマスコミをにぎわせたのは13年秋。有名女子アナを伴侶にしたのだ。

「テレビ朝日の島本真衣アナです。14年春の披露宴には多忙の安倍総理こそビデオメッセージでしたが昭恵夫人や石破茂氏、小泉進次郎氏らが勢ぞろい。一方、テレ朝の看板アナ・島本が招待したのも石田純一や女子アナ軍団。司会は小倉智昭。六本木のグランドハイアットで500人規模の豪華披露宴でした」(参加者)

前妻の島本アナ

 だが、わずか数カ月後、島本アナは新居を出た。これをいち早く報じた当時の『週刊新潮』には、新婚夫婦の新居マンションの「同じフロアに義母の部屋もあった」「小倉さんは義母の言いなり」「夫婦の旅行にも義母が同行」と記された。15年4月に二人の離婚は成立。その後6年余、独身だった小倉氏だが、昨年10月8日、衆院選の公示直前に年下の一般女性・A子さんと入籍した。

 地元の町田市議のその日のブログには小倉氏の後援会の事務所開きに際し、〈小倉代議士本人から、力強い抱負と共に、本日これから「入籍」する! とのご報告があり、会場は大いに盛り上がりました。(略)「厳しい選挙戦も共に経験する!」との奥様からの意見により、本日の入籍に繋がった〉と記されている。新妻は甲斐甲斐しく支え、見事4度目の当選を果たしたのだった。

 ところがほどなく不穏な情報が流れだす。

「小倉先生は元々、AIみたいで感情を表さない人です。とはいえ、生まれて初めて選挙を手伝う新妻にいたわりや労いの言葉の一つも普通はあるはずなのに、その気配すらまったくない。正直、『大丈夫かな? また離婚しちゃわないかな……』と不安を抱きました」(後援会関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる