週刊文春 電子版

神田正輝「ドラマは入れないで」70歳の言い訳

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「いいんだよ、オレは山に帰れば」

 石原裕次郎と渡哲也が率いた石原プロモーションが1月16日、58年の歴史を閉じる。48年間所属した神田正輝(70)は、身の振り方を周囲にこう話しているという。

 エノケンの映画などに出演した女優の旭輝子を母に持つ神田だが、芸能界にはもともと関心がなかった。

「母は仕事で忙しくて、面倒を見てくれたのは祖母。芸能界には魅力を感じていなかったそうです。熱中していたのはスキーで、プロ級の腕を生かして、日大卒業後、用具メーカーの新製品を山でテストする仕事をしていました」(芸能記者)

 そんななかで裕次郎と知り合い、「ドラマに出てみないか」と誘われた神田。「冷やかしでいいなら」と軽いノリで出たのがきっかけで、芸能界入りしたのだった。

裕次郎が神田をスカウト

 その後、「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)のドック役でブレーク。1985年には映画で共演した人気絶頂の松田聖子と結婚した。スター街道を歩んでいくと思われたが、

「いいチャンスはあったんですけど、本人が乗っていかなかった。50歳くらいのときにはテレビ朝日で時代劇の主演オファーもあったが、本人が時代劇に興味がなくて『オレはいいよ』と断った。昔から『オレはいつでも役者辞めていいんだ』と言うような人でしたから」(神田の知人)

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年1月21日号

文春リークス
閉じる