週刊文春 電子版

冬コロナ「5つの謎」指定感染症から外すべき?今、感染したら?

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

ワクチン接種はまだ先となれば、我々にとって現状把握と正しい知識こそが急速な再拡大に立ち向かう最大の武器になる。PCR検査の現状、病床不足の真の原因、体調悪化を感じたら、まずどうすべきか――。謎を解く最新知見を5つに集約し、専門家が徹底解説。

 東京都などに緊急事態宣言が再発令されても増え続ける、新型コロナウイルスの新規感染者。

 今、誰もが感じている、コロナに対する「5つの謎」を解き明かしたい。

 

飲食店は本当に感染源か?

 今回の緊急事態宣言の、主な“ターゲット”になっているのが飲食店だ。夜8時までの営業時間短縮を要請され、多くの店舗で閉店時間が早まった。

 だが、飲食店側も消毒や換気の徹底、客席間の距離を保つなど、感染対策はしてきたはず。本当に飲食店が感染源なのか。

田辺氏

 早稲田大学創造理工学部の田辺新一教授(建築環境学)が、感染場所の実態についてこう語る。

「昨年11月に出た米国の論文で、今までの大規模クラスターを解析し、2次感染のリスクが高い場所を分析したところ、第1位は『ランチ』という結果でした。次に誕生日パーティ、教会などで歌うコーラス、レストラン、ナイトクラブ。バスなど公共交通機関は上位に入っていませんでした。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年1月21日号

文春リークス
閉じる