週刊文春 電子版

小室圭さんイジメ新疑惑 母佳代さんは逆ギレ 絵を踏みつけ…

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

中学、高校で女子同級生をイジメで退学に追いやった小室さんに新たな証言が。小学5年生の頃、3年生の女児の絵が高い評価を受けた。それに激高した小室さんは、絵を取り上げ、汚したという。女児の母が小室家に電話すると佳代さんは――。

 激動の中にある秋篠宮家にとっては、静かすぎる令和3年の年明けだった。

 長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚問題に揺れる秋篠宮家。小室さんの母・佳代さん(54)の借金問題をめぐり、12月10日には宮内庁の西村泰彦長官までが会見で「説明責任を果たすべき」と小室さんに苦言を呈する、異例の事態に発展した。

眞子さまの胸中は……

「そのため、12月には記者たちの間で『小室さんがリモートで会見を開くのでは』『いや、小室さんの代わりに代理人の上芝直史弁護士が会見するのでは』などと囁かれていました。宮内庁トップが公式に求めた以上、小室さん側も何らかの対応を取るのではというのが大勢の見方だったのです。しかし結局、何の動きもないまま年明けを迎えました」(宮内庁担当記者)

 一方で、新たな話題もあった。『女性自身』(1月5日発売号)が、19年夏にNYの法律専門誌に掲載された小室さんの論文について、NY州弁護士会主催の学生論文コンペで2位に選ばれたことを報じたのだ。

「受賞について、小室さんは上芝弁護士を通じて『まったく予想外のことではありましたが、大変ありがたく受け止めています』とコメントを出しました。借金問題には沈黙を貫きつつ、業績はちゃっかりアピール。秋篠宮ご夫妻や長官が求める対応とのズレは大きくなるばかりです」(同前)

 小誌は昨年12月24日発売号で、小室さんの知られざる過去を報じた。小室さんが中学1年から高校にかけての約4年間、同級生の女子生徒に陰湿なイジメを行い、中退に追い込んだというものだ。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年1月21日号

文春リークス
閉じる