週刊文春 電子版

鈴木貴子が宗男から受け継いだ外務省攻撃とカネ

特集 ウクライナ侵攻「罪と罰」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

「彼が外務省を牛耳っていた頃は、暗い時代でした」

 外務省OBがこう回顧した「彼」とは、鈴木宗男参院議員(74)。ロシアの侵攻について「ウクライナにも責任がある」と盛んに発信する御仁だ。鈴木貴子外務副大臣(36)の父である。

貴子副大臣と宗男氏

 かつては宗男氏も外務省に絶大な影響力を誇っていた。しかし02年、あっせん収賄容疑で逮捕。宗男氏を巡る数々の疑惑をリークしたのが外務省とされたことから、同省と“仁義なき戦い”を繰り広げてきた。

「宗男氏の得意技は『質問主意書』を乱発すること。その大半が外務省に宛てたもので、対立する外務官僚を“名指し”で攻撃してきました」(政治部デスク)

 象徴的なのが、宗男氏の逮捕時に外務次官だった竹内行夫氏に対する質問主意書だ。竹内氏は退任後、外務省の顧問に就いたが、宗男氏はこう追及したのだ。

〈現時点において竹内行夫氏を外務省顧問とする必然性はないと思料されるが、外務省の認識如何〉(07年4月17日提出)

 宗男氏が提出した竹内氏に関する質問主意書は全24通。他にも、ロシア課長時代に北方領土交渉で対立したとされる小寺次郎氏など、外務官僚の個人名を記した質問主意書を提出し続けた。そんな父の手法を受け継いだのが、13年に初当選した娘の貴子氏だ。

「質問主意書で外務省在外職員の健康管理休暇制度や配偶者手当といった福利厚生面での予算削減を求めるなど、外務省に厳しいスタンスを取ってきました。ブログでも佐藤優氏の『外務省犯罪黒書』という本を紹介しています」(同前)

戦々恐々の外務省

 貴子氏が受け継いだのは、それだけではない。カネの面でも――。

 貴子氏が代表の「大地の会」の収支報告書によれば、宗男氏が代表の「21世紀政策研究会」から、毎年概ね2000万円を超える寄附を受けている。収入の大半が父の団体からの寄附金だ。確認できた13年分から合計すると、その額は約2億975万円に及ぶ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月24日号

文春リークス
閉じる