週刊文春 電子版

無料公開中

【特集】激震NTT 深層・変わる巨大企業

経営陣 VS 社員

PICKUP!

ビジネス 社会 企業

 

 

 「ワンNTT」という大号令の下、各社の経営統合を進めているNTTグループ。持株会社の澤田純社長はシナジー効果を“1000億円”と見込んでいます。実際、グループ全体の今3月期決算の営業利益は1兆7450億円を予想。過去最高益を過去最高益を叩き出しています。

 その一方で、従業員に対しては稼ぎ頭のドコモを筆頭に大幅な“賃下げ”を要求。さらにドコモショップは「年100店閉店」計画を立てていることも発覚しました。

 日本を代表する“巨大帝国”で今、何が起きているのか。週刊文春がその内実をレポートしました。

購読はこちら

 

 

NTTドコモの悲鳴「月収10万円減」内部資料入手

 

「会社から提案されている内容では、年収が1、2割減る計算です。これでは生活やローンの返済計画も狂ってしまう」(NTTドコモのベテラン社員A氏)。親会社の親会社のNTTが突き付けた提案により、ドコモ社員は大混乱に――。

 

記事を読む

 

 

過去最高益でも…NTT「賃下げ大号令」新資料入手

 

「賃下げはドコモだけではありません。グループ全体でも各種手当が次々カットされ、給与が下げられます」こう悲痛な声を上げるのは、NTT東日本に勤務する30代半ばの男性社員だ。

 

記事を読む

 

 

NTTドコモ 賃下げに続いて「年100店閉店」計画

 

「現在のNTTグループ全体における再編や処遇見直しの中で、ドコモが“リストラ”の最重要ターゲットにされているのは間違いない」(NTTグループ社員)

 

記事を読む

 

 

ドコモショップ 大量閉店で“天の声”が降ってきた

 

「ドコモの本社総務ラインから、課長クラス以上の管理者に対し、“情報管理強化”を徹底する指令が出ています」(ドコモ中堅幹部)

 

記事を読む

 

 

【音声番組】NTT「賃下げ大号令」を徹底分析!

 

過去最高益を記録したNTTが、なぜ“大号令”を出しているのか。取材した斎藤記者が語ります。

 

記事を読む

 

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる