週刊文春 電子版

るいを働かせ…大月錠一郎“32年無職”を検証する!

カムカム保存版 出演者・スタッフ20人が実名告白「日々取材し最終回に備えよ」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「奥さんばっかり働かしたら旦那あかんでって、近所の商店街の人、皆で言うてたんです。森岡は『死んでも配達はやめへん』って言うてたくらいですからね」

 そう語るのは、あかね通り商店街の「森岡酒店」店主・森岡新平役のおいでやす小田だ。錠一郎は単なる“ヒモ男”だったのか?

回転焼きは専らるいが売っていた(写真 公式インスタより)

 デビューを目前に控えた錠一郎が、原因不明の病気でトランペットを吹けなくなったのは、1963年のこと。るいと結婚し、翌64年、京都で回転焼き「大月」を開店した。が、錠一郎が働く気配は全くない。

 11年後の75年、少年の「コーチの奢りや!」との声で現れたのが、錠一郎だった。少年野球のコーチになったかと思いきや、ベンチに座っているだけ。収入はゼロだったと見られる。

 娘にお小遣いをあげる余裕も無かったようだ。10歳のひなたはモモケンのサイン会に行くため、空き瓶を拾っては換金し、小銭を貯めていた。「これくらいは自分で稼がんとな」と言う娘に、「偉いなあ」と応じるだけ。ひなたはお年玉に期待するも「今年も岩倉具視(500円札)やった」と肩を落とし、結果、100本の空き瓶を集めてモモケンに会いに行ったのだった。

 父の威厳を見せる機会はなかなか訪れなかったものの、一度だけ娘を一喝する“事件”が。外国人少年ビリーに英語で受け答えできず、八つ当たりで回転焼きを振り払ったひなたを「お母ちゃんにも、回転焼きにも謝れ!」と叱ったのだ。

「あかにし」店主・赤螺吉右衛門役の堀部が言う。

「あの演技は相当難しかったと思います。普段のキャラクターとどう変えるのか。目盛りの合わせ方が難しかっただろうなと。でも、普段見せないジョーの父親らしさがよく出ていました」

 ただ、以降も職に就くことはなく、一家の家計は苦しいまま。錠一郎はずっとブラウン管のテレビで、毎朝欠かさず朝ドラを観てきた。吉右衛門の妻・初美役の宮嶋麻衣によれば、

「あかにしの商品は良いものだけを売っているので、長持ちします(笑)」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる