週刊文春 電子版

NHK取材も断る藤本有紀 脚本の謎を出演者が…

カムカム保存版 出演者・スタッフ20人が実名告白「日々取材し最終回に備えよ」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「無駄なキャラクターは一人もいない。見事に伏線を回収し切っています」

 吉右衛門を演じた堀部圭亮がそう語るのは、脚本家・藤本有紀氏(54)が描く怒濤の伏線回収劇だ。

 藤本氏は兵庫県出身。コメディの台本や劇団の脚本を執筆後、99年に「鬼の棲家」(フジ系)で脚本家デビューした。以降、朝ドラ「ちりとてちん」(07年)、大河「平清盛」(12年)などNHKの作品を多く手掛け、「ちかえもん」(16年)で向田邦子賞を受賞している。

 NHK関係者が明かす。

「朝ドラは、放送期間中に出演者やスタッフに加え、脚本家のインタビューがメディアに載ることも多い。ところが藤本さんは執筆に集中するため、NHKの取材ですら断ったそうです。ただ、今回のNHKラジオ英語講座は、彼女がかねてから温めてきた題材でした」

最終盤に登場したアニー・ヒラカワ(写真 NHK公式HPより)

 そんな藤本氏の脚本は何が凄いのか。吉右衛門の妻・初美役の宮嶋麻衣は、「ちりとてちん」に続く藤本朝ドラへの出演だ。宮嶋が言う。

「るい編の序盤は深津さんが心の声を出すシーンが多かったので、『心の声すごく面白いですね』と声をかけたんです。そしたら深津さんは、『ちりとてちん』をご覧になっていたようで『ちりとてちんでも多かったですよね』と。言われてみれば、そうかもしれません」

 その宮嶋に脚本で印象に残るシーンを尋ねると、

「1つ挙げるのは難しいのですが、錠一郎さんと吉右衛門さんが『あかにし』の前でチャンバラして戦うシーン(61話)がありました。そこに、黍之丞シリーズの映画のシーンと、るいが回転焼きを初めて親友の一子に食べてもらうシーンが交差するんです。全く別の空間で起こっていることなのに、同じ時間が流れているように見せる。その描き方が凄いと思いました」

安子とるいが再び……(写真 公式インスタより)

 一方、「平清盛」に続く出演となった堀部。「一度だけ藤本さんとお会いしたことがある」という。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる