週刊文春 電子版

女優、教授、園長…うたのおねえさん その後を追う

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「今までみんなと一緒にたくさん歌が歌えて本当に楽しかったよ!」

 4月2日放送の『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)で、21代目の“うたのおねえさん”小野あつこ(30)が卒業した。

卒業後、ツイッターも始めた小野

 ソプラノボイスが印象的な小野は6年間、うたのおねえさんを務めた。

「東京音大声楽科の大学院修了間際に、オーディションで選ばれました。学生時代は児童館でバイトをしていた子供好き。おっとりとした喋り方と、ギャップのあるキレのあるダンスで人気でした」(スポーツ紙記者)

 小野は『WEBげんき』のインタビューで、最終審査の後にスタッフから、

「歌のお姉さんになるということは、死ぬまで一生、『歌のお姉さん』でいるということです。あなたにその覚悟はありますか?」

 と問われ、責任の重さに涙したと明かしている。

 うたのおねえさん卒業後の“進路”はさまざまだ。

 10代目の小鳩くるみはイギリスの童謡のマザーグース研究者となり、目白大学の教授となった。13代目の奈々瀬ひとみは、子供好きを活かして幼稚園の教諭になり、園長まで務めた。19代目・はいだしょうこは、女優活動のほか、『笑っていいとも!』などバラエティ番組にも進出した。

 1983年から87年まで15代目を務めた森みゆき(60)は、自ら卒業を申し出たという。森本人が語る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる