週刊文春 電子版

フジテレビ 勝負の新番組で女性CPが長期休養のナゼ

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「フジが勝負をかけた昼の帯番組がスタートしました。でも、中心を担うはずだった女性を巡って、現場は困惑しているんです」

 こう語るのは、4月4日にスタートしたフジテレビの昼の新情報番組「ポップUP!」の関係者である。

「ポップUP!」番組HPより

 坂上忍の「バイキングMORE」に代わって始まった同番組。司会を佐野瑞樹(50)と山﨑夕貴(34)の局アナ二人が務め、曜日ごとに小泉孝太郎や田村淳、前田敦子や高岡早紀らが脇を固める布陣で始まった約3時間の生放送だ。

佐野アナと山﨑アナ

「司会が局アナ二人になったのは、経費削減に力を入れているから。『笑っていいとも!』の後継という難しい番組を8年間支えた功労者の坂上忍さんの番組を終わらせたのも、年間1億円ともいわれる高額ギャラにメスを入れる必要があったためです」(フジ関係者)

 4日の放送では、上白石萌音が「本日のスター」コーナーにゲストとして生出演。用意された椅子に「重役の椅子みたい」と笑顔をみせるなど、終始和やかな雰囲気で終了した。

 だが、本来そこにいるべきなのに、一切姿を見せなかった女性がいる。同番組の責任者として準備を進めていたチーフプロデューサー(CP)のAさんだ。

「Aさんは40代半ばで、過去、『めざましテレビ』や『とくダネ!』を手掛けるなど情報番組のプロデューサー経験が豊富。『制作費は少ないけど頑張りたい』と周囲に意欲を語り、編成部長のXさん、Aさん、男性プロデューサー、総合演出ら4、5人で熱心に打ち合わせを重ねていました」(同前)

 ところが、2月頃から突然休養に入ってしまった。

「タレントのブッキングも担当していたAさんが急にいなくなったため、番組スタッフは芸能事務所から『一体どうしたの?』と言われて困っていた」(同前)

 新番組スタート前にCPがいなくなる異常事態。おまけに会社側からは、現場のスタッフらに対しても何の説明もないという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる