週刊文春 電子版

村田諒太 死闘直後に向かった池袋「意外な場所」

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 前WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(36)はこう語り、涙を拭った。

「ほんの少しだけ自分のことを評価してもいいかな」

 4月9日、さいたまスーパーアリーナで村田が拳を交わしたのは、現役最強ボクサーと称されるIBF世界同級王者、ゲンナジー・ゴロフキン(40)だ。

「前半は村田のボディが効いていたが、中盤からゴロフキンが攻勢をかけた。9回に右フックが村田の顔面に炸裂。タオルが投入されました」(スポーツ紙記者)

プロ初のダウンを奪われた

 奈良県出身の村田がボクシングジムの門を叩いたのは、中学生の頃。不良少年だった村田を見かねた担任教諭が、奈良工業高校(当時)の主催するボクシング教室を見つけてきたのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる