週刊文春 電子版

専属メイクが告白 「カムカム」深津絵里「類を見ない老け方の秘密」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「るいの髪型をベリーショートでいくと決めた際、ウィッグを使う案もありました。けれど、深津さん自ら『やるんだったら、本当に髪を切らないと』と仰って。強い覚悟とこだわりを感じました。ただ、実際のカットは一度しかできない。何度も事前にウィッグを使って加減を調整しました」

 そう語るのは、メイクアップアーティストのUDA氏。NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で大月るいを演じた深津絵里(49)の“専属メイク”だ。

 4月8日に最終回を迎えた「カムカム」。朝ドラ史上最年長ヒロインとして臨んだ深津は今回、18歳から80代まで演じ切った。

「スタイリストの白山春久さんを通じて8年ほど前に声を掛けて頂き、以来、ご一緒しています。今回は30回ほど大阪に行きましたが、通常のドラマとは桁が違うほど深く関わりました。深津さんや演出の安達(もじり)さんから一番オーダーされたのは、時が経つにつれ、固まったるいの心が解けていく感じをどう表現するか。そのことを考えながらデザインさせて頂きました」(同前)

 まず、実年齢より約30歳若い18歳のるい。岡山から大阪に出てきた彼女は本当に少女のようだった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる