週刊文春 電子版

プーチン前妻は離婚してもなぜ無事だったのか

ウクライナ戦争「7つの核心」

「週刊文春」編集部
ニュース 国際

「これは“文明的な離婚”です」

 2013年6月、リュドミラ夫人はこう言ってプーチンとの破局を認めた。

リュドミラ

 二人の出会いは1980年。共通の知人に誘われた観劇だった。

「リュドミラは航空会社『アエロフロート』の客室乗務員で、仏語、独語、スペイン語を操る才媛でした。交際中、プーチンは自身がKGBのスパイであることを隠していたそうです」(国際部記者)

 83年に結婚すると二人の娘を授かったが、夫婦仲は次第に冷えこみ、プーチンと新体操の妖精・カバエワとの不倫疑惑もあって破局。その直後から、当時50代だったリュドミラは、20歳も年下の若き実業家、アルトゥール・オチェレトニーとの再婚が噂された。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる