週刊文春 電子版

「高齢者の不眠」5つの対策

《早朝、目が覚めるなら》《2度寝は何分まで?》《就寝時間は23時でいい》

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療

 若い頃のように眠れなくなった―― 高齢者の「あるある」だ。高齢者の不眠は現役世代とどう違うか。適切な睡眠時間とは。よい睡眠に繋がる食事や生活習慣はあるか。5人のオーソリティーが5つのポイントを提示する!

 

「コロナ禍で高齢者の不眠が増えた実感はあります。人との接触が減少した上、散歩などの運動もし辛い状況で光も浴びにくく、昼間の活動量が低下したためと考えられます」

 そう語るのは、久留米大学学長で、同大医学部神経精神医学講座名誉教授の内村直尚医師だ。

内村氏

 眠りが浅い、途中で目が覚める、朝早くに起きてしまう……。高齢者が抱える睡眠への不満足感は尽きない。秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座の三島和夫教授もこう指摘する。

65歳以上で、不眠症状を訴える方は6割以上います

三島氏

 不眠が続くと、認知症のリスクが1.2倍高まるという研究結果もある。医療法人RESM理事長で、慶應大学特任准教授の白濱龍太郎医師が解説する。

「眠れないと認知症の関連物質とされているアミロイドβが脳から排出されず、蓄積されてしまう。これがアルツハイマー型認知症の原因となる可能性がある」

白濱氏

 もともと日本は、成人の5人に一人が何らかの睡眠障害を抱えていると言われる“不眠大国”。しかし現役世代と高齢者とでは、不眠の原因が異なるという。

「高齢者不眠の原因は主に三つ挙げられます。

 まず、加齢により眠りへと誘うメラトニンの分泌量が減少すること。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる