週刊文春 電子版

入札情報を…防衛副大臣 秘書官“突如交代”の怪

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

「通常国会の会期中なのに、突然秘書官が交代したのです。ロシアのウクライナ侵攻や北朝鮮のミサイル発射など、防衛省が緊迫している最中のことでした」(防衛省担当記者)

 鬼木誠防衛副大臣(49)の秘書官・A氏が4月8日付で交代したことが波紋を……。

福岡2区が地盤の鬼木氏

 西日本銀行勤務を経て、福岡県議を10年間務めた鬼木氏。12年の衆院選で初当選して、現在4期目だ。

「夫婦別姓に強く反対するなど保守的な政策で知られています。昨年3月には国会で、環境相時代の丸川珠代五輪相を『各国首脳からアジアンビューティーと呼ばれ人気があった』と紹介したこともあった。森喜朗氏の女性蔑視発言の直後だっただけに、容姿に言及した鬼木氏の発言は物議を醸しました」(自民党関係者)

 昨年10月、岸田政権の防衛副大臣に就任したが、

「党の国防部会ではほぼ見たことがない。森山派の所属ですが、派閥の割り当てで、副大臣に就いたとされています」(同前)

 そんな新副大臣の秘書官に就いたのが、前副大臣からの続投となるA氏だった。防衛省のHPでは、〈随処作主(自ら主体的に動くこと)〉という臨済宗の言葉を掲げ、副大臣秘書官の仕事を〈いかに副大臣の納得・了解を得るか、政治家としての知見に基づく副大臣からの示唆・指示をどうやって省の政策に盛り込んでいくか、毎日が勉強です〉と紹介している。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる