週刊文春 電子版

東京女子医大の女帝「疑惑のカネ」文書入手 宝塚元トップ親族企業に1億超

岩澤 倫彦
ニュース 社会

 120年の伝統を誇る、名門・東京女子医大が揺れている。医師・看護師らの大量退職が続き、今年度の病床数は大幅減に。その背景には、知人や親族が関わる企業にカネが渡る、“女帝”理事長の公私混同疑惑があった――。

岩本絹子氏(大学HPより)

「女子医大は、ここ数年ですっかり別の大学病院になってしまいました」

 こう語るのは、東京女子医科大学病院(以下、本院)に勤務する30代の医師だ。

「東大や慶應と肩を並べるほど、女子医大は医療レベルが高いと評価されていました。それが、利益最優先に方針転換したのです。利益に直結する病床稼働率を診療科別に1日2回も報告させ、各科を競い合わせる。必要のない入院を勧めてしまう医師もいます」(同前)

 一方で研究費は2019年から20年にかけて、4億円以上がカット。医学文献のデータベース使用料も有料化された。

「経営方針に反発して優秀な医師・看護師が大量に辞め、医療レベルが大きく低下。人手不足も常態化しています」(40代医師)

 1年前、女子医大の本院には約1200人の看護師がいたが、120人減となった。

「看護師が足りず、病棟を一つ閉鎖しました。今年度は許可病床約1200のうち、800床程度しか運用できません。このままでは経営危機に陥ります」(幹部職員)

 約120年の伝統を持つ名門、東京女子医科大学。新宿の本院を始め、足立医療センター、八千代医療センターなどを運営している。

新宿にある本院

 本院は故・中曽根康弘など歴代の総理大臣や著名人が利用。手術支援ロボット・ダヴィンチを先駆けて導入、AIを駆使して脳外科手術を遠隔支援するシステムの開発など、医療界の先端を走る分野もある。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる