週刊文春 電子版

3カ月女児虐待死 祖母が語る「入り婿DVと娘の罪」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 教育

「今までしてきたこと、本当の現実は本人(娘)がよく分かっているし、私も分かってるつもりではいます。ただ、やってしまったことに対して、それはもう、消せないことなので……」

 幼い孫を亡くした祖母は、自分の娘が犯した罪について、そう声を震わせた。

「子どもの体が青白くなっている」

 昨年9月11日、母親の119番通報を受け、埼玉県児玉郡美里町のアパートから痩せ細った女児が病院に搬送された。死亡が確認されたのは生後3カ月の金井喜空(きあ)ちゃん。4カ月後の1月20日、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたのは、父親の裕喜容疑者(29)と母親のあずさ容疑者(28)だった。共に無職で、生活保護を受給していたという。

金井裕喜容疑者(NNNより)

「喜空ちゃんはあごの骨や肋骨が折れ、腹やひざに打撲の痕があり、3カ月児の平均体重を下回っていた。夫婦は昨年8月頃から娘が哺乳困難で低栄養状態にあったのに放置し、死亡させたと見られている。死因は傷口から細菌に感染したことなどによる全身機能障害です」(捜査関係者)

 裕喜は「口に強く哺乳瓶を入れたりした」「虐待で捕まるのが嫌で病院に連れて行かなかった」、あずさは「病院に連れて行くことを夫に拒否され、従ってしまった」などと供述。

「傷害致死罪での立件も視野に捜査を進めています」(前出・捜査関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年2月4日号

文春リークス
閉じる