週刊文春 電子版

「僕だけが知る神田沙也加」実名告白

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能

1日15時間電話していました。

聖子さんと一緒に食事をした帰り道、

沙也加は「ありがとう」と言って涙を流し…

「遺骨の前、こっちを見て微笑んでいる遺影に向かって手を合わせた時に、やっぱり現実なんだというショックと、本当に沙也加いなくなっちゃったんだという絶望と。それと……もっともっと、俺に何かできなかったのかって」

 4月23日午後、小誌の取材に今の心境をそう吐露するのは、元俳優の宮田大三さん(42)だ。

「知り合って19年、お互いに一番の理解者でした。多忙になってからも誕生日や年末年始は必ず会っていた。コロナ禍以降は、彼女の立場を考えて、俺が沙也加に会うのを控えようと伝えていました。コロナ禍がなければ、もっと会えてれば……色々考えてしまいます――」

2017年12月21日、恒例の忘年会で(左が宮田さん)

 昨年12月18日、35年の生涯を閉じた神田沙也加。この日、主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の札幌公演初日を迎えるはずだった。

 宮田さんが言う。

「こんなに涙出るんだというくらい泣きました。あれから4カ月経ちますが、今も何も変わっていないです。今日も取材を受けるかどうか直前まで悩みました。あのような亡くなり方をしたので、沙也加はもともと悩みやすい人間だったと言う人もいると思います。でも、そうじゃない。沙也加は常に前を向いてきた人でした。だからこそ後ろ向きの感受性も強いんです。何かあれば、きちんと傷付くのです。俺にできることは、今も変わりなく沙也加に寄り添ってあげること。そう思って、最初で最後の機会として話すことにしました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる