週刊文春 電子版

写真はアップも渡部陽一はウクライナにいなかった

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 ウクライナ政府軍の行軍や、首都キーウに築かれたバリケードの写真――。自身のインスタグラムに連日、緊迫した現場の写真を載せるのは戦場カメラマンの渡部陽一氏(49)。ところで彼はいま、どこにいるのか。

2009年に結婚して一人息子がいる

 明治学院大の学生の頃に戦場カメラマンを志し、これまでコソボやチェチェン紛争、イラク戦争など約130の国と地域の戦場を取材してきたという渡部氏。2004年にイラクで同じホテルに滞在していたジャーナリスト仲間が語る。

「彼は横浜で日雇いのバナナの荷降ろしなどをして資金を稼ぎ、現場に来ていたが、とにかく貧乏だった。多くの報道関係者が2人以上のチームで来る中、いつも一人。食費や滞在費が足りず、周囲に助けてもらっていた」

 転機が訪れたのは09年。

「様々な職業の舞台裏を紹介するTBSの特番に出演し、スローすぎる語り口とベレー帽、ひげ面の人懐っこい笑顔でたちまち注目を集めました」(芸能記者)

 10年には「笑っていいとも!増刊号」(フジ系)のレギュラーになるなど、バラエティ番組でひっぱりだこに。渡部氏の知人が語る。

「当時、彼は『お笑い番組に出たら戦場に戻れなくなるんじゃないか』と悩んでいたが、取材資金を稼ぐための手段と割り切り、仕事を請けていた」

 以降も渡部氏はテレビのナレーションの仕事やラジオで冠番組を持つなどタレント業を継続している。

「現在のメインの仕事は学校や地方自治体、企業での講演会。戦場での体験や各国の文化をテーマに語り、講演料は1回30万円以上と聞いている」(同前)

 一方、戦場に赴いたのは3年前、トルコのシリア侵攻の取材が最後のようだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5・12日号

文春リークス
閉じる