週刊文春 電子版

熊田曜子 運命を握る大人のおもちゃと豊胸手術

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 昨年10月に火蓋が切られた、グラビアタレント・熊田曜子(39)の“不貞行為”を巡る夫A氏との裁判。その行方を左右する新たな反論が熊田側から飛び出した。

グラドル活動はまだまだ続く

 昨年5月、熊田はA氏から暴行を受けたと警察に通報。現行犯逮捕されたA氏は12月23日、暴行罪で東京地裁から罰金20万円の判決が言い渡された。

 一方のA氏も熊田と民放社員B氏を被告に、両者の不貞行為による慰謝料請求裁判を起こしている。

 A氏はこの裁判で、熊田が外出用バッグに入れていた大人のおもちゃ「ウーマナイザー」から、熊田の体液とともにB氏の精液が検出されたというDNA鑑定書を不貞の証拠として提出。A氏が熊田の体液だとする根拠については、家にあった熊田のDNAが付着した物品をウーマナイザーと共に検査機関に提出したところ、鑑定結果が一致したためと主張している。

 ところが熊田側は3月に出した準備書面で、次のような反論を述べている。

〈そのサンプルが被告曜子の使用したものであるかは不明であり、同人のDNAが付着しているかは明らかではない。すなわち、第三者が使用していた物である可能性もある〉

 つまり熊田のDNAが付着していた物品とウーマナイザー、そのどちらも“赤の他人”が使った物である可能性を示唆し、不貞の証拠にならないというのだ。

 この主張に対し、A氏の知人がこう打ち明ける。

「以前、A氏は『ウーマナイザー』からA氏とA氏以外の精液が検出されたと話していました。もし熊田さんが使用していないとすれば、A氏が他の女性と使ったことになり、A氏は自分の不貞の証拠を自ら出したことになってしまいます。それに第三者の物に2人分の精液が付着しているのは不自然でしょう」

 さらに、A氏は自宅に置いた録音機に残っていた熊田と友人との電話の音声を証拠として提出。そこには〈プロが本当に頼もしいと思ったのは、絶対にツーショットは撮られてないよ〉などと不倫関係を疑わせる内容があったと述べている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5・12日号

文春リークス
閉じる