週刊文春 電子版

インフレであぶない「こんな高齢者」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 今の状況はオイルショック時に酷似している――識者は警鐘を鳴らす。待ち受けるのはインフレであり、それは高齢者の財布を直撃する。特にリスクがあるのは? どんな手を打てばいい? 危機に備えるノウハウを説く!

 

▶資産運用が定期預金だけなら…
▶広い家、クルマを持っていると…
▶インフレに強いはずが…不動産に潜むリスク

 5月20日、総務省は4月の全国消費者物価指数が前年同月比2.5%上昇したと公表した。消費増税の影響を受けた1997年、2014年を除くと、1991年12月以来、30年ぶりの高水準となる。

 

 この状況は、昨年後半の原油価格、食料価格の高騰によるもので、1970年代に「狂乱物価」と呼ばれたオイルショックと酷似している――そう警鐘を鳴らすのは、経済評論家の加谷珪一氏だ。

「消費者物価指数は、企業間取引の物価動向を示す国内企業物価指数からタイムラグを経て上昇することが多い。4月の国内企業物価指数はオイルショック以来の前年同月比10%増を記録している。今年2月以降の円安の影響がまだ反映されていないことを考えれば、中年より下の世代には未体験のインフレに突入することになります」

 タマネギが98%アップと倍近くに高騰しているのをはじめ、生鮮野菜が12%アップ。生鮮魚介が12%、電気21%、ガス18%、ガソリン16%と、生活に欠かせない支出が軒並み上昇している。

 これまでと同じ生活を送っていても余分にお金を取られてしまうインフレは、国民にとって増税に等しい。いわば「インフレ税」である。

 現役世代なら副業などで収入を増やす手立てもあるが、高齢者にとって状況は深刻だ。その中でも、とりわけあぶないのはどのようなタイプなのだろうか。

 

あぶない人(1)年金生活者

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる