週刊文春 電子版

“4630万男”田口翔の「逃走人生」 「母」「恋人」「大麻キャンプ」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

 傷んだ長髪に髭を蓄えたラッパー風の若者。人里離れた古民家に一人棲んでいた“新参者”が町を混乱に陥れたのは、4月8日のことだ。それから40日後、事態は急展開を迎えた。

 悲喜劇の舞台となったのは、人口約3000人の山口県阿武町。4月、同町は新型コロナ支援策として463世帯に各10万円を給付した。だが、職員のミスで一人の町民に、さらに4630万円を振り込んでいたことが判明。翌月18日、誤送金された金額のうち400万円をオンラインカジノ決済代行業者の口座に振り替え、不法に利益を得たとして、山口県警は田口翔容疑者(24)を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕した。

成人式の日の田口

「34回にわたり決済代行会社に計約4633万円を送金。当初は返金要請に応じず、一時は連絡が取れなかった」(地元記者)

 小学校の卒業アルバムの、「もしも、地球最後の日が来たら」との質問に、「持ち金をつかいはたす」と記した田口。同級生、仕事仲間の証言から浮かび上がるのは“逃走人生”とも言える24年間の足跡だった――。

小学校の卒アル

 1997年、田口は山口市内の温泉郷に生まれる。その時、母は21歳だった。小学校高学年の頃に両親は離婚し、田口と妹は母に引き取られる。母は朝から夕方までパソコン事務をして、子どもを育てた。田口は5歳下の妹を友達の家に連れ回すほど溺愛し、母との関係も良好だった。

 中3で“ヤンキーデビュー”を果たした後、市内の公立高校に進学した。

高校入学当時。クラスで一人だけ髪を伸ばしている

「勉強の意欲はなく、目標があって入学した感じではなかった。実際学校には馴染めていなかったと思う」(高校時代の学年主任)

 当時の同級生も続ける。

「筆箱の中に紙巻き煙草を作るローラーを忍ばせ、当時のLINEのアカウント名は『俺』。課金できるゲームアプリ『パズドラ』のランクが相当上で、かなりやり込んでいる印象でした」

 JR山口線の車内。黒いロングヘアのギャル風の女子生徒と仲睦まじく下校する田口の姿が同級生の間で話題になった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる