週刊文春 電子版

白鵬が保釈後の日大ドン田中に面会した理由

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 JR阿佐ケ谷駅から2分も歩けば、日本大学前理事長・田中英寿氏(75)の自宅を兼ねた4階建てのビルが見えてくる。1階と2階は、妻が経営する「ちゃんこ料理たなか」。かつては田中氏の側近や大学の取引業者が“詣で”を繰り返した場所である。同店を元横綱の白鵬こと間垣親方(37)が訪れたのは、桜が散り始めた4月上旬のことだった。

4月13日に有罪判決が確定した田中氏

 日大関係者が明かす。

「白鵬は同行者を2人ほど連れて来店し、2階の席に案内されました。田中氏とアポを取っていたわけではないのですが、事前に店の予約を入れていたため、それを聞いていた田中氏は、心得たように白鵬の席にやって来たそうです」

 折しも、所得税法違反の罪に問われていた田中氏の有罪判決が確定する直前の時期だった。

「ですが、白鵬が来店したことで田中氏はご機嫌。自身の失脚に繋がる“日大背任事件”で起訴された井ノ口忠男元理事や医療法人グループ前理事長の籔本雅巳氏らの悪口を言いたい放題だったそうです」(同前)

 過去に直腸がんを患ったことがあり、保釈前は拘置所で体調不良を訴えていたはずの田中氏だったが、

「酒をグイグイと流し込み、白鵬も驚くほどの鯨飲ぶり。田中氏はもともと底なしの酒豪ですが、その場では白鵬が持参した日本酒2本を含め、5本以上の酒瓶が空いたといいます」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる