週刊文春 電子版

売上200万 ANA社員が転売した社内備品とは

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

 ANAパイロットの胸章や、ボーイング777の㊙︎資料……航空マニアには垂涎ものの品が異様なハイペースでフリマサイト「メルカリ」に出品されていることに、航空グッズ収集家のA氏が気付いたのは、今年の初めのことだった。

 A氏が語る。

「出品者は“けんけん”と名乗るユーザー。大阪在住の20代で過去に集めたコレクションを整理している……という触れ込みでしたが、コレクションという割にANAの品ばかり出品しているのも不思議でした」

 

 記者もけんけんのページを覗くと、商品画像にはメロンパンの写真が載っているだけで何を売っていたのか最早分からない。どうやら購入者が決まると無関係のダミー画像に差し替え、売却品を隠蔽していたようだ。ただ、一部には出品当時のやり取りが残っていた。

〈ANAのウイングマーク、肩章の画像のアップをお願いできるでしょうか?〉

〈肩章は機長、副操縦士ともに袋入りの新品になります〉。こうした無邪気な書き込みに航空会社の関係者は驚きを隠さない。

「肩章やウイングマーク(操縦士に貸与される胸章)は試験合格時に手渡される、いわばパイロットの証です。個人IDが縫い付けられており、簡単に外部に出回るものではありません」

メルカリで売却されたANAの胸章

 どうやらけんけんが、ANA内部から何らかの方法でそうした品を持ち出し、売っているようだ。昨年頃から出品は重ねられ、その数は100点以上。売却額は合計200万円以上になる。それだけではない。

「B777の飛行機運用規程というANAの社外秘文書まで6万円で出品されていました。しかも『再入荷』と書いてある。以前けんけんと取引した別の収集家は、すでにB787の同規程を入手していました」(前出・A氏)

 

 運用規程の流出に問題はないのか。航空ジャーナリストの北島幸司氏が語る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる