週刊文春 電子版

元関ジャニ渋谷すばる レコード契約を打ち切られていた

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

〈この度、第1子が誕生しまして、様々な発見や、知らなかった事を知ったりなど、忙しくも、充実した日々を過ごしております〉

 5月16日、ファンクラブ会員向けのブログでパパになったことを発表したのは、元関ジャニ∞の渋谷すばる(40)だ。

 

 音楽活動に専念するため、2018年末にジャニーズ事務所を退所した渋谷。

「高い歌唱力で関ジャニのメインボーカルを務めましたが、バラエティ色の強いグループと、自らの音楽志向とのギャップに悩み続けていた。退所直後の2019年4月にはワーナーミュージック・ジャパンと所属契約を結び、ソロ活動をスタートさせました」(スポーツ紙記者)

 今年4月には2年ぶりの有観客ライブを敢行。8月には人気ミュージシャンの証ともいえる、ロックフェスの「サマーソニック」への出演も決まっている。プライベートでも21年5月に結婚を発表していた。

 父親になり、公私ともに順調に映る渋谷。だが、実はこの春、大きな環境の変化を迎えていた――。

「3月一杯でワーナーとの契約が終了していたのです」

 と明かすのは音楽業界関係者だ。

「19年10月にリリースした最初のアルバムは初週に6.9万枚と、まずまず売れましたが、20年の2枚目が初週2.1万枚、21年の3枚目が1.1万枚と下がっていった。ジャニーズ時代からの固定ファンが付いているはずと考えたワーナーからすれば、期待外れだったのでしょう」(同前)

本人の公式サイト

 また、渋谷のミュージシャンとしての“スタンス”も問題視されたようだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる