週刊文春 電子版

入社半年の社員が自死 アイリスオーヤマ社長の釈明

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業 働き方

〈うつ病、休職(中略)フォローする人は大変だけどそれほど追い込まれる環境もどうかと思う〉

 それが、ツイッターに残された最後の投稿だった。投稿主の青年は自ら命を絶った。大手生活用品メーカー「アイリスオーヤマ」のグループ会社に入社してからわずか半年後のことだった。

 5月23日、月曜恒例のオンライン朝礼で、アイリスオーヤマの大山晃弘社長は沈痛な表情で口を開いた。グループ会社を含めテレビ会議でつながった全国5000人超の従業員を前に、青年の自死を明らかにした。社長は青年について、労使間の36協定で取り決められた時間外労働時間(月45時間)を超える残業があったとも明かした。

アイリスオーヤマの大山晃弘社長

 亡くなったのは、オフィス家具メーカー「アイリスチトセ」で営業職を務めていた木村悠輔さん(仮名)。5月16日、東京都内の自宅アパートで変わり果てた姿で見つかった。

「イケメンのスポーツマンで、大学野球部の厳しい練習も乗り越えてきた。卒業後は一時、モデルや俳優として活動。エキストラなどでドラマ出演も重ねていましたが、コロナ禍で仕事を得るのが難しくなったため、安定した収入を得るために昨秋『アイリスチトセ』に入社しました」(知人)

 1971年設立のアイリスオーヤマは、2001年に家具メーカー・チトセを買収してアイリスチトセを設立。グループはその後も合併・買収を繰り返し今や国内外30社の大所帯だ。

「同族経営で、経営の自主性を保つためにあえて非上場にしているようです。18年に父・健太郎氏(現会長)の後を継いで長男の晃弘氏が社長に就いてからも経営は順調。コロナ禍でもマスクやサーキュレーターが良く売れて、グループ売上は8100億円(21年度)と急伸中。1兆円も射程内です」(経済誌記者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月9日号

文春リークス
閉じる