週刊文春 電子版

櫻井翔37歳「元ミス慶応」とベトナム婚前旅行[禁断の2ショット撮]

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 二宮和也の“強行婚”に「より一層、嵐を全うする」とコメントし、ファンを感激させた櫻井。紅白司会を終えた彼の姿は、ベトナムの高級リゾート地ダナンにあった。ビーチチェアに寝そべる櫻井の横に寄りそう38歳の女性とは――。

◆ ◆ ◆

 ここはベトナム中部の高級ビーチリゾート・ダナン近郊の五つ星ホテル。1月4日の昼下がり、プールサイドには一人の日本人男性の姿があった。“常夏”とまではいかないが、25度を超す気温は、日本が冬であったことを忘れさせるには十分な陽気だ。

 サングラスにタンクトップ、短パン姿の男性は、両手を頭の後ろに組んでビーチベッドに寝そべると、日差しを浴びながら、物思いに耽るように、ただ水面を眺めていた。国民的アイドルグループ・嵐の櫻井翔(37)である。

 櫻井の時間は、数日前までとは打って変わって、ゆっくりと流れていた。2020年一杯での活動休止を発表している嵐。櫻井の“ラストイヤー”の幕開けは、嵐の前の静けさという表現がぴったりの穏やかさに包まれていた。

 遠い日本の喧騒を離れ、異国で優雅な時間を満喫する櫻井が、時折笑顔を向ける視線の先――。櫻井の傍らには一人の日本人女性、A子さんの存在があった。

 大晦日、令和初のNHK紅白歌合戦。記念すべき年の「大トリ」という大役を担った嵐は、特別枠でも米津玄師提供の新曲『カイト』を披露。櫻井は白組司会も2年連続で務め、審査員の上沼恵美子から優勝旗を受け取る栄誉に与った。

 年が明けて元日未明、ジャニーズ事務所恒例の川崎大師への初詣。そこにもV6、関ジャニ∞のメンバーらに交じり、談笑する彼の姿が。櫻井にとって激動の2019年は、こうして幕を閉じた。

川崎大師での初詣を終えた櫻井

 昨年1月27日、二宮和也(36)、櫻井、大野智(39)、松本潤(36)、相葉雅紀(37)の5人は、港区にあるジャニーズ事務所で、嵐の活動休止会見を開いた。ステージ上で横一列に並んだメンバーの中央で、活動休止に至る経緯の説明の口火を切ったのは、今にも泣き出しそうな表情を浮かべるリーダーの大野。

「自由に生活してみたい」

 1999年9月、ハワイの洋上に浮かぶクルーズ客船で華々しく結成を発表した嵐。それから20年近く、第一線を走り続けてきた国民的グループのリーダーはそう語った。

 大野の言う“自由”には、「結婚」という人生の決断も含まれていたことは疑いない。会見場で取材していた記者は言う。

「二宮のように、まさにあの時期結婚問題に直面していたメンバーもいたわけです。が、報道陣はジャニーズ側に忖度して結婚や女性関係については質問せず、活動休止の原因は『ゆっくり休みたい』という大野の意向に集約された」

 いずれも過去、さまざまな形で恋愛を報じられてきた、30代後半の成熟した男たち。先陣を切って決断したのは二宮だった。

〈この度、結婚をさせて頂く事になりました〉

 11月12日、“ファンファースト”を徹底するジャニーズ事務所らしく、まずファンクラブの会員に向けて報告された二宮の結婚。相手は、18年に小誌が「南の島婚前旅行」を報じた元フリーアナウンサー・伊藤綾子さん(39)だった。

 メンバーのうち、このニュースに反応したのは櫻井と相葉。かねてよりその明晰な頭脳を活かし、嵐のスポークスマンとして代表して発言する機会も多かった櫻井は、翌日、事務所を通じ祝福コメントを出した。

〈この度の二宮の決断に関し、中学生の頃に出逢った幼馴染みの一人としては、幸せになって欲しいと願うばかりです〉

 そしてこう結んだ。

〈より一層、嵐を全うしたいと思います〉

 この一節こそ、二宮の結婚に衝撃を受けるファンにとって、最も心に響く言葉だったに違いない。

「二宮の発表は、活動休止まで残り1年余りという時期もさることながら、2日後には札幌でのコンサートを控える、結成20周年記念アニバーサリーツアーの真っ最中という微妙なタイミングだった。唐突な発表にファンは動揺し、ネットは炎上。せめて活動休止まで待ってほしかった……と反発するファンも少なくなかった。

 櫻井もこの時期の結婚には猛反対していましたが、『news zero』(日本テレビ系)でキャスターとして活動する立場上、コメントを出さざるを得なかったのです」(芸能デスク)

“強行婚”の結果、嵐の内部で二宮が孤立している状況は、小誌(19年11月28日号、20年1月2・9日号)で詳報した通り。以前からメンバーやスタッフの言うことより綾子さんの意見を優先してきた二宮に対し、4人の不満が堆積している。松本に至っては「ふざけんな」と「絶交宣言」までした。

「松本はこれまで数多の浮名を報じられるも、徹底して否定し続けてきた。それがアイドルの、ファンに対する態度と信じているからです。他のメンバーも活動休止まではアイドルを貫こうとしている中、二宮の結婚は、それとは相容れない形となってしまった。

 ただ、これまでのメンバーの恋愛遍歴を辿ると、他のメンバーの頭にも“結婚”の二文字が浮かばなかったわけはない」(同前)

「結婚」と「嵐」。櫻井もまたその狭間で葛藤してきたことは明らかだ。

櫻井傷心の“流血事件”

“ラストイヤー”を迎えた嵐

 17年、「週刊ポスト」(3月10日号)が、当時テレビ朝日アナウンサーだった小川彩佳(34)の自宅に櫻井が通ったり、2人で高級ホテルに宿泊する姿を報じた。

「櫻井は慶応大卒で父親は元総務事務次官。小川は青山学院大卒で父親は医師。絵に描いたようなエリート一家同士のカップルに、ファンも珍しく祝福ムードでした」(芸能記者)

 だが交際発覚の年末、思わぬ“流血事件”が起きる。同年12月31日、NHK紅白歌合戦のステージに立った櫻井の顔は腫れ上がり、頬のドーランの下には絆創膏が隠されていた。櫻井の知人が話す。

「彼は小川アナとの結婚を真剣に考えていたが、事務所の方針で交際が進展しないことに悩んでいた。連日連夜酒に溺れ、ある日、帰宅したときにタンスに頭をぶつけて洗面所に倒れ込み、目が覚めたら周囲は血だらけになっていたそうです。病院に直行し事なきを得ましたが、『飲むとすぐ記憶がなくなる。自分でも怖い』と話していました」

 結婚間近と報道されることもあったが、結局、翌年4月に櫻井と小川は破局。そして昨年、小川は医師と電撃結婚した。

「嵐」より「結婚」を選びきれなかった櫻井。心の溝を埋めるかのように必死で口説いた相手は、一回り以上年下の20代前半の女子大生・B子さんだった。

「頼りがいがないといや? 甘えん坊の年上は? くそ甘えん坊だから。甘える才能もあるんだよね」

 焼酎を飲みながら彼女に必死にアピールし、自宅マンションにお泊まりさせる櫻井。国民的アイドルらしからぬ、等身大の男の姿がそこにはあった(小誌18年8月16・23日号)。

 だが、その恋も長くは続かず、小誌報道後、まもなくB子さんとは破局したという。以降1年半、櫻井にこれといった浮いた話は出なくなった。

「B子さんとの熱愛報道以降、櫻井は生放送や収録を終えると自宅マンションにまっすぐ帰ることが多くなり、夜遊びはすっかり鳴りを潜めました。『太りすぎ』とファンに叩かれたこともあり、暴飲暴食も控えるようにしたのか、ここ最近はずいぶんとシャープになりました。ジム通いも始めています。活動休止発表や二宮の結婚のあとでこれ以上ファンを悲しませないよう、“嵐ファースト”を心に誓っているはずです」(芸能プロ関係者)

 デビュー以来20年間、アイドルとして走り続けた櫻井は、かくして大きな区切りとなる2020年を迎えた――。

A子さんの正体とは

 話を冒頭のベトナムに戻そう。

 長さ70キロに及ぶダナン近郊のビーチは、真珠色の砂浜にエメラルドグリーンの海。米「フォーブス」誌選定の「世界の魅惑のビーチベスト6」にランクインする美しさを誇る。沿岸には高級ホテルが点在。そのうち世界遺産の港町ホイアンにほど近い、世界のセレブが認めたラグジュアリーホテルが今回の舞台だ。

櫻井の傍らに立つA子さん

 東京ドーム7個分もある広大な敷地に立ち並ぶヴィラ。櫻井が滞在した部屋はプールヴィラで、1泊20万円は下らない。ビーチまでは歩いて数分足らずだが、各棟にプールも付く。広大な敷地の移動用に自転車とバギーが用意される。

 1月4日、ヴィラから姿を現した櫻井は自転車にまたがる。うしろに続くのは、白いノースリーブのワンピースに黒髪が映える、女優の尾野真千子似の小柄な美女、A子さん。

 敷地中央にあるパブリックプールへと向かった2人は、ビーチベッドに並んで横になり、テーブルに用意された小さな青りんごをかじった。

 プールサイドで1時間ほどを過ごしたあと、おもむろに立ちあがった2人は、海に向かって歩く。今度は砂浜に設置されたパラソルの下で、潮風を浴びながら半時間ほど海を眺め、談笑していた。

 翌朝午前10時頃、2人が再び自転車に乗り、姿を現したのはレストラン。

「朝食はハーフビュッフェで、フォーなどのメニューはテーブルで注文する形式でした。櫻井さんは女性と2人で朝食をとっていましたが、女性がお皿に料理をよそったり、ドリンクを運んだりしていました。たまに櫻井さんがシリアルを取りに行くシーンがありましたが、女性のほうがちゃんと気遣いをされていて、まるで長年連れ添った夫婦のようでした」(居合わせた客)

慶応大時代の同級生

移動は自転車で

 メモリアルな1年の幕開けに、櫻井が異国の地で共に過ごすことを選んだ恋人・A子さん。櫻井と彼女の縁は古い。慶応大学時代の同級生なのだ。現在38歳の彼女は在学中「ミス慶応」に選ばれた。大学時代の知人が証言する。

「ミスコンの際のウエディングドレス姿が印象に残っています。テニスサークルに所属。秘書検定にも合格していましたがマスコミ志望で、卒論のテーマも戦争報道でした」

 ミス慶応といえば今も昔もメディアが熱い視線を送る存在。A子さんも雑誌に引っ張りだこで、芸能界からのスカウトもあったという。が、彼女は当時、雑誌のインタビューに「芸能界には興味がないので入るつもりはないです」と答え、「ファッション関係かマスコミ関係の仕事に就きたい」「好きな芸能人は坂口憲二さん」と語っていた。

 卒業後、A子さんは関西のテレビ局に入社した。

「局内では有名な美人で、『なんで独身なんだろ』とよく噂されていた。溌剌とした女性です。櫻井の同級生というのも有名で、知り合いだという話だった。バラエティ番組のADなどを経て、宣伝部勤務を最後に昨年秋、退職しました」(局員)

 A子さんの知人が明かす。

「実は、彼女は櫻井さんの交際相手として、以前から知る人ぞ知る存在だった。小川アナとの交際が発覚するまで、A子と遠距離恋愛をしていた時期もあったのです」

 櫻井とA子さんは、紆余曲折を経て再び結ばれた2人だったのだ――。

 それゆえか、今回の櫻井の行動には、これまでとは少し違う、ひとかたならぬ“覚悟”が見て取れる。相手は年齢差のない、等身大で向き合える大学の同級生。互いに結婚という選択が現実的かつ切実な問題になっている年齢だ。

 加えて、極力女性とのツーショットの場面を作らないようにしてきた櫻井がベトナムで見せた、無防備ともいえる姿。それは海外ゆえの解放感というだけでは片づけられないだろう。ホテルには他にも数組、日本人の宿泊客もいたのだ。

砂浜に移動し、くつろぐ2人

 今、櫻井の胸には、恩師である故・ジャニー喜多川氏の言葉が去来しているのかもしれない。ジャニー氏は生前、タレントの恋愛についてこう語っていた。

「健全な男だもの。女性と一緒にいて当たり前だよ。それってウチはだめなの?」

 櫻井自身はかつてインタビューで「『条件で結婚相手を選ぶ』という選択肢も僕の中にはありません」「大切なのはやっぱり『好きだからずっと一緒にいたい』気持ち」(『BAILA』13年5月号)と結婚観を語っていた。彼はあと1年、待つのか。あるいは二宮に続き、「もう待てない」と決断するのか。その狭間で揺れる心境は、昨年末に発した言葉に、はしなくも表れている。

「誰か1人に喜んでもらうことは…」

紅白司会陣(左から綾瀬はるか、内村光良、櫻井)

 12月15日、会員制公式携帯サイトで発信したメッセージの一節。

〈“誰か1人にとても喜んでもらうことは、その代わりに、沢山の誰かが少し寂しくなるのかもしれない”そう仮定し、解釈していたから、その選択はこの20年間してこなかったつもりで。そのおかげで誤解されることもある、とは思い続けてはいたけども。でも一貫して、その選択はしてこなかったわけだけども。…それで寂しい思いもさせる事もあるとは、重々理解しているわけだけども。〉

 一方で25日、20周年アニバーサリーツアー「5×20」最終公演では、締めくくりとして、東京ドームを埋めた5万5000人のファンにこう語りかけた。

「5本の道は一つの大きく広く輝く道になって、この先も一本の道がずっと続いていく。みんな、ついてきてください。もうついてけないよっていう人にも、何度でも言う。ついてきてほしい」

 揺れ動く思いを胸に、櫻井は嵐のラストイヤーに臨む。“誰も知らない物語を 密かに忍ばせて”(『カイト』より)。

source : 週刊文春 2020年1月23日号

文春リークス
閉じる