週刊文春 電子版

「80歳の壁」を超えろ《認知症》

「週刊文春」編集部
ライフ 医療

⃝「9時間睡眠」「1時間昼寝」は禁物

⃝3本の矢は「朝活」「音読」「魚介類」

 80代を愉しみたい高齢者にとって、大きな脅威となるのが「認知症」だ。

 

 厚労省の調査によれば、60代後半の認知症の有病率は約3%なのに対し、80代前半になると約20%に増加。80代後半だと約40%まで跳ね上がる。

「対策はいつ始めても遅くはない」と語るのは、加藤プラチナクリニック院長の加藤俊徳医師だ。

生活習慣を改善することで、認知症の発症率は約35%まで下げられると言われています。認知症は生活の積み重ねで起こるもの。発症リスクになり得るものを取り除いて対策すれば、何歳からでも予防できる」

 認知症対策の3本の矢、その1は「朝活」だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月9日号

文春リークス
閉じる