週刊文春 電子版

「75歳の壁」を超える《薬》

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル

▶︎減らすべきは 利尿剤 鎮痛剤 緩下薬

▶︎あぶない多剤併用チェックリスト

 年を重ねると高血圧や糖尿病など複数の疾患を抱えがちだ。いきおい飲む薬も増える。「社会医療診療行為別統計」(厚労省・16年)によれば、75歳以上で7種類以上の薬を飲んでいる人は24.8%にのぼる。

 

 だが、薬が増えすぎると新たな問題が起きる。ポリファーマシー(多剤併用による副作用)だ。銀座薬局の薬局長・長澤育弘薬剤師が語る。

薬を一度に6錠以上飲んでいると、飲んだメリットをデメリットが上回る可能性が高くなります

長澤氏

 具体的にはふらつきや転倒、物忘れなど。認知症のような症状を呈することも。

 そもそも高齢者は薬の副作用が出やすいという。北品川藤クリニック院長の石原藤樹医師が解説する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月23日号

文春リークス
閉じる