週刊文春 電子版

異例の13兆円判決を下した名物裁判長の出世とトラブル

THIS WEEK「社会」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 東京電力の福島第一原子力発電所の事故について、初めて東電幹部ら個人の責任を問う判決が7月13日、東京地裁で下された。当時のトップ、勝俣恒久元会長ら旧経営陣四人に言い渡された損害賠償額は実に13兆円余り。画期的な判決は朝倉佳秀裁判長の異例の“お断り”から始まった。

東京地裁の法廷(奥中央が朝倉裁判長)

「7カ月かけて書いた判決です。最後までしっかり聞いてください」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月28日号

文春リークス
閉じる