週刊文春 電子版

夫・晋三との35年 安倍昭恵「私の天命」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「いつも私のことを守ってくれた」。最愛の夫を亡くした妻は葬儀でそう語った。二人が結婚して35年。彼女の無邪気で天真爛漫な姿は時に失意の底に沈んだ夫を励まし、時に行政の大きな歪みに繋がった。そして――。

 

▶誕生会で晋三「これからも昭恵を守っていきたい」

▶お見合い 40分遅刻「オシャレとは思わなかった」

▶不妊治療 支援者から「嫁失格」救った安倍の一言

▶森友事件 安倍が洩らした「昭恵には怖くて聞けない」

「晋ちゃん」と呼んでいた

 政界屈指の晴れ男の出棺を前に、雨は止んだ。

 7月12日に増上寺で営まれた元首相・安倍晋三の葬儀。会場には、安倍がピアノで「花は咲く」を演奏し、妻の昭恵が少し調子外れの歌声を披露する映像が流れていた。それは約1カ月前に行われた昭恵の還暦パーティでも、来場者を和ませた映像だった。

 安倍の親友で、鉃鋼ビルディング副社長の増岡聡一郎は言う。

「安倍家の電子ピアノは長らくインテリアでしたが、コロナ禍で時間が増えたこともあり、練習を始めた。以前は『エリーゼのために』もたどたどしいほどの腕前でしたが、ずいぶん上達されました」

 喪主の挨拶に立った昭恵は、こう述べた。

「いつも私を守ってくれました。結婚して本当に幸せでした――」

 昭恵は1962年、森永製菓創業家の長女として誕生。高等科まで聖心女子学院で過ごした。ギタリストのCharを追いかける、ちょっとマセた高校時代。その後、聖心女子専門学校を経て、電通に入社した。

 85年、電通の上司を通じて紹介されたのが、父・晋太郎の外相秘書官を務めていた晋三だった。初対面の待ち合わせに40分ほど遅れた昭恵。だが安倍は、兄主催の会合で見かけた彼女を気長に待った。仲介役だった元山口新聞の濱岡博司が「もう帰ろうよ」と言うと、こう返事をした。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月28日号

文春リークス
閉じる