週刊文春 電子版

KEIKOと離婚成立 小室哲哉「金とウソと愛人」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 妻と向き合っていきたい――小誌の不倫報道後、会見で語った男。だが彼はその後妻に会うことはなく離婚の日を迎えた。かつて言葉と音を紡ぎ出し日本を熱狂させた男にとって自ら吐いた台詞は何だったのか。どこよりも小室哲哉を知る小誌が描く、3年の総決算。

〈私KEIKOは、この度、小室哲哉さんとの調停離婚が成立いたしましたことをご報告させて頂きます〉

 

 所属事務所のエイベックス・マネジメントを通じ、globeのKEIKO(48)が直筆コメントを発表したのは2月26日。昨年3月に1回目の離婚調停が行われてから、1年を経ての“決着”だった。

 その前日、音楽プロデューサーの小室哲哉(62)は、会員制の音声SNS・クラブハウスで100名以上のファンに向けて近況を明かしていた。

「僕はいま、世界中の若い人たちと組んで色々やってるのね。40カ国のアーティストといつでもコラボできる。やっと、僕の時代が来た。ギリギリで間に合ったよね」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年3月11日号

文春リークス
閉じる