週刊文春 電子版

さわかみ投信 投資責任者“更迭”で社長に大ブーイング

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 企業

「最高投資責任者らが突然、クビを切られ、社内には動揺が広がっています。創業家のワンマン経営が……」

 

 こう嘆くのは、日本初の独立系投信会社「さわかみ投信」の現役社員だ。

 

★創業者・澤上篤人氏、社長・澤上龍氏との一問一答はこちら

さわかみ投信のHP

 1996年に澤上篤人氏(75)が創業した同社。“金融界のレジェンド”篤人氏は「さわかみファンド」一本の運用に拘り、長期投資の重要性を唱えてきた。その篤人氏は11年に社長から会長に退く。代わって13年に社長に就任したのが、息子の龍氏(46)だった。

「龍氏は専門学校卒業後、飲食店勤務などを経て、00年にさわかみ投信に入社した。金融の知識は乏しかったものの、“御曹司”として出世。昨年6月には篤人氏が会長を退任し、龍氏が“一本立ち”を果たしたと見られました」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる