週刊文春 電子版

梶芽衣子(73)「アルバム発売中止の真相をお話しします」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「私はネットは見ないので、騒ぎになっていると聞いて驚いているところです。実際は、恥ずかしいくらい元気なんでして……(笑)」

 そう語るのは女優の梶芽衣子(73)。

 東映映画「女囚さそり」(1972年~)のヒロイン・ナミとして“強い女”の代名詞となった梶。その爽快なまでの復讐っぷりは米国のクエンティン・タランティーノ監督など世界中に信者を生んだ。テレビでは「鬼平犯科帳」の女密偵・おまさ役が知られている。

1965年、日活からデビュー

「女囚さそり」の主題歌「怨み節」など歌手活動も行ってきたが、3月には2枚組アルバム「恋は刺青」を発売する予定だった。

 ところが――。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年3月18日号

文春リークス
閉じる