7月、3度目のNY州司法試験を受けた小室さん。前回不合格になった際に、「あと5点」と支援者には語っていたが、再受験者の合格率は18%とハードルは低くない。さらに大きな問題が、夫妻の住まいにはあった――。

 

▶受験にビーチサンダル トイレで“3回目の知恵”
▶“ゆとり受験”の裏に「不合格でもクビにならない」
▶眞子さん「エジプトに行きたい」と語った相手

 マンハッタン北部にあるアーモリー・トラック・アンド・フィールド・センター。幾多の名勝負が繰り広げられてきた室内陸上競技場は、7月26、27日の2日間、NY州の司法試験会場の一つとなった。

NYの街を歩く小室夫妻(時事通信)

 午前8時過ぎ、3回目の挑戦となる小室圭さん(30)は、ラルフローレンのブルーのシャツにグリーンの短パンというラフなスタイルで会場に現れた。トレードマークのちょんまげも健在だった。

 受験生が語る。

「本番は模試より簡単という評判を聞いていたのですが、今回の試験は模試と同じくらい難しいと感じました。1日目の記述試験もそうでしたが、特に2日目のマークシートは、分量が多くて時間が足りなかった」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号