週刊文春 電子版

「離婚の決意は変わらない」福原愛「モラハラ」「不倫」全内幕

「週刊文春」編集部
ニュース 芸能 スポーツ

 イケメン夫からのモラハラで離婚を決意した福原愛。その一方で、横浜・中華街での不倫デートを写真付きで報じられた。拠点を日本に移したはいいものの、台湾には実の母親に3歳と1歳の子供を残したままだ。一体、愛ちゃんの身辺に今、何が起きているのか――。

「福原は今、軽率な行動を悔い、憔悴しています。キャンセルになった仕事関係者やスポンサー、そして母や子供たち、さらにはメディアで彼女を擁護した人たちまでバッシングされている状況を申し訳ないと。何より本来なら近々、台湾に帰るはずだったのに、この騒動で難しくなってしまった。子供たちに会えないことに非常に落ち込んでいます」

福原が出した直筆の釈明文

 こう明かすのは、福原愛(32)をよく知る卓球関係者だ。3月4日発売号で『女性セブン』が報じた〈福原愛 台湾に夫も子も残して里帰り不倫〉。会社員男性との“不倫デート”は世間を大きく騒がせた。一方で、小誌も同日発売号で報じた通り、福原は夫で卓球元台湾代表・江宏傑(32)からの「モラハラ」が原因で離婚協議に入っていた。

 一体、福原の身辺に何が起きているのか――。

 今回の報道を受け、江は「離婚はない」とし、福原の母・千代さんとの写真をアップするなど“家族円満”ぶりをアピール。だが、

「そもそも彼女は度重なるモラハラに耐えかね、離婚を決意した。そこに不倫疑惑が加わり、事態は混迷していますが、結婚生活の継続は困難という状況は変わっていません」(同前)

 福原が日本に帰国したのは今年元旦のこと。先週号で報じたように、緊急事態宣言の発出で1人きりになった福原は、江に離婚の意志を電話で通告している。

 2週間の隔離生活が明けた1月19日、小学校時代の旧友と設立したのが「株式会社omusubi」だ。ところが会社設立に猛反対してきた江は、電話口で激しく罵ったという。離婚を伝えても一向に変わらない夫のモラハラに、頭を痛めるのだった。

 福原の知人が明かす。

「傷心の彼女は、知り合いだった会社員の男性に会社の件を相談しようと、1月末に6、7年ぶりに連絡を取りました。それで一度仕事の話で会ったそうです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年3月18日号

文春リークス
閉じる