週刊文春 電子版

金融庁による立ち入り検査へ 地銀が高齢者に売る「EB債」

THIS WEEK「経済」

森岡 英樹
ニュース 経済

 複雑な金融商品の販売に、当局のメスが入ることになりそうだ。金融庁は8月31日、「2022事務年度(今年7月〜来年6月)金融行政方針」を発表。金融機関による仕組み債の販売に苦言を呈したのだ。

「仕組み債とは、デリバティブを組み込んだ金融商品。高い利回りが狙える一方、損失も大きくなりやすい。ただ、十分な説明をせず販売していた例が相次ぎ、トラブルが頻発しています」(メガバンク関係者)

 中でも、金融庁に数多くの苦情が寄せられてきた仕組み債がある。

「それが、EB債(他社株転換可能債券)です」(金融庁関係者)

金融庁・中島淳一長官の本気度も問われる

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる