週刊文春 電子版

岸田首相に国葬を決断させた統一教会“弁護人”

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 政治

 4割台前半に急落する内閣支持率。大きな要因は統一教会、そして反対の声が6割を上回る国葬だ。にもかかわらず、岸田首相が実施に踏み切ったのはなぜか。その経緯を徹底検証していくと、“ある人物”の存在が浮上した。

 

▶岸田首相ブレーン 小川榮太郎の直電「早く決断を」

▶小川報道は「右派団体潰し」「統一教会は被害者」

▶小川“痴漢擁護”で「新潮45」休刊 伊藤詩織さん攻撃

▶国葬招待者 日韓トンネル会長、セクハラ処分者

▶教団関連団体が木原副長官後援会を設立

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる